黒執事(10) (Gファンタジーコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.03
  • (174)
  • (174)
  • (123)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 2727
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757530126

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやぁ・・・実は田中さんって、凄かったのね!!

    「黒執事」は、TVアニメで観てから読者にりました。

    イケメンは素敵ですから(^^)

  • 10月12日

    海猫というかひぐらしというか…
    田中がかっこよかったから許す←

  • ミステリ仕立てのお話の、フェイクの解決編。ついにGファンタジーまで手を出してしまったので、フェイクであることを知って読んだ。
    じじ執事タナカ、思わずおおっと思いました。

  • タナカさんがすばらしくかっこ良かったです!
    そして、セバスチャンの死に顔が、綺麗過ぎて……
    満足な作品でした。

  • 事件の解決に関しては、特にインパクトがあったわけではないけれど、カッコイイタナカ、セバスのお部屋公開、使用人たちのシエルとセバスへの想い、執事コートを着せられたシエルの可愛さ、などなど要所要所に見せ場があって楽しめました。犯人は明かされたものの、種明かしは次巻ということで引っ張ってます(笑)個人的には、シエルがいつから知っていたのかが気になる。最初からなのか、それともどこかで気づいたのか。9巻、10巻ともに気になるコマがありますのでどれかヒットしてるんだろうか。次巻が楽しみです。でも、来年なのか…。

  • まさかタナカさんが、表紙に来る日があるなんてw書店で見て思わずニヤリとしたw

  • シエルたんはいつ見てもカワイイ。 シエルたんは何をしてもカワイイ!

  • セバスチャンについてはね、某少年誌の登場人物以上にね・・・(笑)。前巻に引き続き田中さんがっ・・・v

  • 2010年9月29日購入

  • だってオチ分かるもん…
    しかし劉は愛おしい

全80件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

枢やな(とぼそ やな)
1984年生まれ。埼玉県出身。2004年、『9th』でデビュー。2006年、『黒執事』の連載を開始。同作はテレビアニメ及びミュージカル化され、累計部数は2300万部を突破しており、2014年には実写映画が公開された。
2003年、『HELL-O』にて第3回スクウェア・エニックスマンガ大賞奨励賞受賞、2004年『DISGUISE』にて第4回スクウェア・エニックスマンガ大賞入選。2008年『黒執事』にて第54回小学館漫画賞 少年漫画部門ノミネート、2010年同作でジャパン・エキスポ・アワード 最優秀少年漫画部門受賞。

枢やなの作品

ツイートする