鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.64
  • (985)
  • (271)
  • (92)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 4633
レビュー : 431
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757530546

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 優れた女流には「完結力」とでも呼ぶべきものが備わっているのでしょう。捨て駒なし、過不足なく練られたエンディングに抱かれつつ安らかに満たされて物語を終える至福よ!もうこの先、ビッグネームになった少年マンガでこれを味わうことはできないのかと半ば絶望していたワタシを救ってくれた作者に感謝します。やっぱマンガはさ、30巻くらいで終わるのが良いよ(しみじみ)

  • すごく大好きな作品!!
    終わり方が綺麗でした。
    こんなに後味がスッキリするような作品はなかなか無いのでは…
    定期的に読み返したくなります。

  • やっぱりハッピーエンドが1番気持ちいいなと実感。出来ればもう少しその後のマスタングとホークアイの関係とかリンヤオとランファンの関係とか詳しく見たかった。「じっとしてる男なんてつまんないじゃない」のセリフが胸に刺さる。ホーエンハイムにとって死はハッピーエンド。

  • 購入:ラスト感動。

  • なんだろう、ストーリーもキャラも完璧なのに、心奪われるような、頭が真っ白になるような突き抜けた読後感がない。ものすごく良質な漫画だけど、胸ぐらをひっつかんでグイグイと引き込んでくれるような類の漫画ではなく、綿密に計算された、ものすごくクールな漫画。

  • 最終巻

  • たまに読み返したくなる漫画。
    おもしろい!

  • 最後まで強さのインフレを起こさなかったのはすごい!
    絵が可愛らしいのでカモフラージュされているが、話は相当暗いです。
    登場人物たちは、みんな芯をもっていて魅力的。

  • 言わずと知れた大人気作なのでレビューを読むより本屋へGO!
    って言いたいですけどそれだと書く意味ないので書きます。

    片腕と片足、そして弟の体を取り戻すために冒険をする、というド王道でありサクサクと進んでいくストーリー、どれもこれもが最終編へのフラグだったのかと思わせるくらいのまとめっぷり、圧巻ですね。
    キャラもストーリーも設定も画力もすべてが高く、錬金術と言う専門的な題材でも複雑にならず読みやすく・・・つまりはアレですね、読もう!

全431件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする