鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.64
  • (985)
  • (271)
  • (92)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 4642
レビュー : 431
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757530546

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 完結巻にして大団円。

    ハガレンのキャラクターたちには、
    笑顔がよく似合いますね。

    荒川先生のストーリーメイキングは素晴らしい!

    1巻から完結巻まで丁寧に紡がれており、
    重厚なテーマを万人受けするようアレンジされています。

    バトルシーンの描写がやや物足りないですが、
    時間経過やメインテーマの描写がとても心地よいです。

    子どもから大人まで読むことができる名作だと思います。

  •  結局のところ、ラストさんがなくなった時点で「敵方に彩りがなくなってしまった! どうして彼女を復活させなかったんだ!」と叫びたい。
     いやまぁ……味方陣に女性が多い。いろいろと被るでしょってのもあるんだろうけど、ラストさんが居なくなってからというもののテンションが下がった。

     あとなぁ……残酷なのかファンタジーなのかよく分からないところにもって行かれた気もする。
     等価交換と自己責任って似ているよね……。

  • 全話購入。アニメを観てからはまった。最初から最後まで面白い作品でした。

  • 最終巻。描き下ろしのホーエンハイムとトリシャには泣かされた。

  • 最後まで考えさせられるハナシだった。
    途中でちょっと内容重過ぎたりして、読むのやめてた時期もあったけど、全部通して読むとすごくイイ!
    人は犠牲なくして何も得ることができないってのは本当かもしれないね★

  • 荒川先生お疲れ様でした!!
    9年間長いようで短かったなーヒトとは?生命とは色々と投げかけられ考えさせられたマンガでした

  • 正直、ONEPIECEよりも大好きです。
    最後は涙がでました。

  • 中一の頃からずっと見てたマンガがついに完結!
    なんだか感慨深いというか、嬉しいけど寂しい気持ちがいっぱいです。
    主人公や登場人物達の傷や過ちが、とてもリアルに見えてくる。だけど、それだけじゃなくて、それを抱えて前に進もうって姿がとても印象的なお話でした。
    そしていろんなところに挟まれるギャグパートに大爆笑です^^

  • きれいに終わったー。ずっとどうやって終わるのか気になってたから答えがでて満足。

  • ふうぅ~、全27巻一気読み。いやぁ、噂に違わず面白かった。(^^)/
    おまけページの最後で、じーんときました。

全431件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする