FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(7) (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.91
  • (14)
  • (17)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 177
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757532083

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2011/12/25
    BOOKOFF

  • うむむ。面白くなってきた。次巻にも期待大。

  • 太田垣さんはストーリーが進むにつれて非現実的な方向に一人で突っ走っていく傾向が強い気がする。羊飼いの弟はどうなってんの、あれ。

  • 羊飼いというキャラクターを作り出した時点で作者の勝ちだな。

  • ◎ダ・ヴィンチ2009年5月号
    「今月のプラチナ本」

    2011年8月27日(土)読了。

    2011-60。

  • ロボット物だが、リアルな戦争における人の業に焦点を当てた漫画。リアルすぎて、こう言っては不謹慎ではあるが、面白い。作画が凄く、戦闘の緊張感がよりそれを際立たせている。

  • 犬塚の正体とは!?

  • 今回は戦闘が中心やった感じがする。次回は人間ドラマを希望。

  • 1巻以降読んでなかったのですが、帯にひかれてこれだけ購入。
    なんだこれ、すっげー面白いじゃないか。なんかわからんけど盾強すぎだろう。やっぱりパンツァー同士の戦いは熱い。

  • えっと思ったホバリングにも接近戦を防ぐ意味があったのね。明らかになる弱点、みごと図に当たる作戦と痛快。春清は意外にしぶといなあ。

全14件中 1 - 10件を表示

太田垣康男の作品

ツイートする
×