黒執事(12) (Gファンタジーコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.18
  • (190)
  • (170)
  • (90)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 2474
レビュー : 117
  • Amazon.co.jp ・マンガ (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757533073

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エリザベスがかっこよすぎ!

  • エリザベスーー!!

  • 再読。ロナルドさんとセバ様が初めましてのご挨拶。グレル合流。あのシーンで確信したけれど、やな先生は少々古い海外の作品がお好きなようで。いいと思います。エリザベス、実は戦える少女だった。裏表紙は光○ENJIですね。しかし年齢幅すごいな。次巻も楽しみ。

  • 最後の五ページ。本作の今までで一番好きな展開。

  • 豪華客船に大量のゾンビ発生、退治はセバスチャン素手で。悪魔VS死神対決も。今回かなりグロかった(-ω-)

  • フェニックスのポーズを再度やることになるシエル
    リジーもスネークもやってるの可愛い
    蛇が・・シュール

    リジーがすごくカッコよくて惚れる
    ミッドフォード家強い

  •  豪華客船に乗り込んだら、そこは実はゾンビの宝庫で、そのゾンビが解き放たれて、あっちこっちで人が襲われ始める。

     というのが物語の本筋なんですが。

     この本の読んだ感想は。

    「リジィィィィィィーーーーーー」

     の一言に尽きる。
     今までただのかわいい女の子で、ただ守られていて、言い方は悪いですが、どうしてこんなのがシエルの婚約者なんだろう?? ってずっと疑問に思ってたんですけど。

     この巻を読んで、すべてが腑に落ちました。

     さすがシエルの婚約者様!!

     シエルの周りにいる人間が普通じゃないのわかってたけど、リジーもやっぱりそうだった。
     いやでもそれは、とても私にとっては好ましい方向で。
     でもそれはリジーにとっては喜ばしい方向じゃなくて、だからこそ泣く。
     威張ってもいいことなのに、泣く。
     その心がとっても美しくて。
     いや、本当、やっぱり大好きだわこの話。

     私はこの巻でリジーにひれ伏した。
     ステキなステキなリジーを見たい方は是非。
     そして、リジーが嫌いな人にも是非、読んでほしいと思います。
     本当に!!

  • 「あげぽよ最新刊DIE★」→やっぱりロナウドは藤森がモデルっぽい。それはそうと、なんというバイオハザード。倒しても倒しても次から次。うーん、「世界で一番グロテスクな執事漫画」って言うだけある。この巻は、リジーに持ってかれた。リジー、かっこ可愛い。さすが英国騎士団団長の娘。/ようこそ地獄へ 堕ちようよ奈落ww

  • 今度はバイオハザードとタイタニックw

    ミッドフォード公爵一家カッコイイのだが、ママ大好きすぎるだろww
    そしてカエルの子はカエルだった!
    ちょっとかっこよすぎたわw

  • リジーがかっこよすぎる!

全117件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

枢やな(とぼそ やな)
1984年生まれ。埼玉県出身。2004年、『9th』でデビュー。2006年、『黒執事』の連載を開始。同作はテレビアニメ及びミュージカル化され、累計部数は2300万部を突破しており、2014年には実写映画が公開された。
2003年、『HELL-O』にて第3回スクウェア・エニックスマンガ大賞奨励賞受賞、2004年『DISGUISE』にて第4回スクウェア・エニックスマンガ大賞入選。2008年『黒執事』にて第54回小学館漫画賞 少年漫画部門ノミネート、2010年同作でジャパン・エキスポ・アワード 最優秀少年漫画部門受賞。

枢やなの作品

ツイートする