ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.28
  • (259)
  • (210)
  • (74)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 1613
レビュー : 160
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757535121

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こわいまんが以外もおもろい。

  • とてもおもしろい筐体ゲーム漫画です!
    キャラクターがとてもかわいく、しかも笑える!
    ラストではややホロリ・・・

  • PCエンジン!

  • 一世を風靡した某格ゲーには全然縁がないどころか、そもそもアーケードゲームをやったことがあるのかどうか怪しい自分でも、なぜか面白い。なんでだろ?
    作画がいろいろとすごいけど、慣れたらすんなりハマる。1巻が小学生編と区切りもいい。潔さと乾いた感じの笑いがむしろ心地よくって、あと、大野さんがたまにかわいいところがミソ。

  • 大野ください。


    大野かわいいいいいいい
    かわいいいいいいいい
    とにかく可愛い!
    しゃべんないけど、スネたりふてくされたり、
    ちゃんと分かるし、それが可愛い。
    オシレンはへたうま画伯なのに、
    なんでこんなに女の子可愛いんですかねえ!?

    正直ゲームはよくわかんないんですけど、
    それでも主人公のへたれというか、
    だめっぷりもいいし、
    とにかく大野が可愛いです。

    特に最後、
    ようやく声を出したと思ったら、泣くシーンとか!!!
    こっちが泣くわ!!!
    大野!!!

    大野も寂しくて、主人公と同じで、
    癒しをゲームに求めてて、
    ゲームで強いことがまた、自分の誇りだったんですねえ。
    主人公にシンパシー感じてたんですねえ。

    はじめはお互い「なにこいつ」だったのに、
    PCエンジンで仲良く遊んだりとか、
    遊園地で仲良く遊んだりして
    仲が縮まっていって、
    でも、小学生だから明確な恋愛にならない、
    言葉にならない関係性がとにかくいい!
    もう1巻完結でいいんじゃない!
    殿堂入りだよ!

    大野ください。

  • [漫画] ハイスコアガール 1&2巻
    http://orecen.com/manga/hiscore-girl01-02/

  • 1991年が舞台の作品
    アーケードゲームが大好きな小学生ハルオ
    俺ってやっぱ1番だぜ!!(b^ー°) なんて思ってたら
    ハルオの上を行くライバル現る!!
    ライバルはなんと
    同じクラスの大金持ちのお嬢様・大野さんだった∑( ̄ロ ̄|||)

    勉強・運動すべてまるでダメ男のハルオにはゲームが全て!!
    反対に成績・家柄何でも持っている大野さんは毎日が御稽古事でストレス
    そんなストレスを解消するのがゲームだった
    そんな2人がゲームを通じて…ゲーマーラブコメ?みたいな話。

    ストII、ファイナルファイトが好きな人ならいいのかも知れない

  • お借りしてるマンガですが、2012年で読んだマンガのなかで、上位に入るほどおもしろい!この面白さがわかる人はたぶん同年代なんだろうなぁ。

  • 「ピコピコ少年」に恋愛が加わった作品が出版されるとは!ゲームと恋愛物は水と油で親和性何て無いと思ったけど…まさかの良質な恋愛ストーリーになるとは( ̄○ ̄;)押切蓮介さんの手腕には脱帽。漫画の至る所でゲーム愛があり、主人公ハルオとヒロインの大野がゲームを通し距離が段々と近づいていく様子が微笑ましく、それを取り巻くゲーム達がノスタルジックで素晴らしい世界観です。内容的には王道かつベタベタですがそれを感じさせず、ラストのあの構成、ゲームを小道具としての演出が憎たらしい程上手い。素直になれないハルオがゲームを通して勇ましく進む様はハルオと同じゲーム世代には堪らないです。続刊があるみたいですが1巻で高クオリティなので充分にこの巻だけでも楽しめます。そして、大野のツンデレの可愛いさは異常です(´ω`)

  • お前の気持ちはそれだけか!? byガイル

全160件中 101 - 110件を表示

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ツイートする