ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.28
  • (259)
  • (209)
  • (74)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 1608
レビュー : 160
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757535121

作品紹介・あらすじ

『ポリゴン』って何? 食えんの? そんな2D全盛期だった古き良き格ゲーブーム到来の1991年。ヤンキーとオタクとリーマンが蔓延る場末のゲーセンに、彼女は凜と座していた──。
90年代アーケード・ラブコメディー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怪奇系漫画で有名な押切蓮介氏の、ゲームセンターラブコメ漫画。

    作者の押切氏は1979年生まれで、私とは5歳ほど離れており、私自身はあまりゲームセンターにのめりこんでいなかったこともあり、描かれているゲームのうち実際にプレイしたことのあるものは半数にも満たないが、ゲームセンターや駄菓子屋など当時の世相をよく表しており、非常に懐かしくなった。

    少しネタばれになるかもしれないが、この物語は、1巻だけからは想像できないほどの広がりを見せる。
    1巻の小学生編はコメディ要素が強いが、話が進むにつれて奥が深くなっていく。
    ゲームセンターに魅せられた一人の人間の、一大抒情詩と言えるかもしれない。

    押切氏は、作品の幅が広い。
    「でろでろ」「プピポー!」「おどろ町モノノケ録」などほんわか怪奇系漫画、「ミスミソウ」「サユリ」などのサイコホラー、「ゆうやみ特攻隊」「焔の眼」などのアクション系、そしてこの「ハイスコアガール」のようなノスタルジックなラブコメなど。
    単純に区分してしまったが、ひとつの作品内でも様々な要素を見せてくれるので、読んでいて感情の振れ幅が大きくなる。

    この作品に関しては、ホラーの要素こそ皆無だが、笑いあり、切なさあり、感動ありで、感情を揺さぶられる。

    まだまだこれから先が楽しみな作品。

  • 人いう字を三回書いてファネッフー!


    話題作だからレンタルで済ませようとかコスいことやらなくて正解だった。きっと何度も読み返すことになる。

    無言で訴える大野さんと一人で喋る春雄の関係性がたまらなく愛しい。かわいい。死にたくならない。末長く爆発しなくてよろしい。

    ゲーム強い女の子と、後ろでゲーム見てるだけで楽しいと言ってくれる女の子の、二大ゲーマー殺し。

    友達がいるやつに友達の言葉が背中を押してくれることがあるように、読書好きに偉人の言葉が背中をおすことがあるように、ゲーマーがゲームキャラに背中を押されることがあるんだ!春雄にとっての半径1mはゲームで満たされてるのだ!

    その半径1mにかわいくてゲーム好きで同じ孤独を共有できる相手がいるんや!やっぱり爆発しろ!

    次巻(4)からやや曇ってくるようだ。
    春雄のゲーム熱が、春雄の半径1mが挫折でどうなるのか気になるところ。震えて待つ。

  • 場末のゲーセン。懐かしいな。

    いやいやいや。わたしの格闘ゲームは、スーファミの「ストリートファイター2ターボ」だし、その頃は、もう大人だったし。
    ゲーセンに行ったのは、それから、バーチャ時代までだし。
    小中学校時代は、ゲーセンというより、バッティングセンターだったし。駄菓子屋の前にあったのは、インベーダーゲームや、ギャラクシアンだったし。

    それでも、この風景は、懐かしい。微妙に全部混ざって、多分、記憶自体がねつ造されていると思うんだけど、これこそが、自分がたどってきた時代を切り取ってくれているような気がする。
    多分、それは、このお話が、ものすごく限定された時代のものでありながら、どこか普遍的なところがあるんだと思います。

    なにかに夢中になって、多分、世界から浮いている自分。そして、はみ出した自分を受け入れてくれる避難所のような場所。
    最近は、全くといっていいぐらいゲーセン行ってないな。でも、行ってみても、あのアジールみたいな空間は、そこにはもうない。
    そういう意味では、これ、喪失の物語なのかも。

    ヒロインがしゃべらないラブコメ(?)も、なかなか素敵です。

  • 押切先生の漫画なので気にはなってましたが、やっと購入しました。
    自分はミスミソウと焔の目を読んだ印象が強かったので、ギャグ漫画と聞いてちょっと違和感というかそういうのを感じてましたが、読んでみたら素直でした笑
    ちょっと某先生とノリが似てそうですが、接点はあるんでしょうか?

    母親が天井から覗くシーンとか、ダルシムの小キックのみで全クリするシーンが好きです。
    大野は主人公と同じく、いがみ合いつつも、同じ趣味の同士なので楽しかったんでしょうね。
    段々と素直に心を開いていく感じは微笑ましいです。
    一巻の描写では飛行機に乗っていっちゃいましたが、表紙で見た感じは大野がいるのでどうなんでしょう?
    レトロゲーセンあるあるも交えて楽しまさせてもらってます。

  • ぼくは青春をゲーセンで過ごしました。彼女いなかったし
    格ゲーで好きなキャラでうまくなりたくて強くなりたくて、一生懸命でした。
    どこのゲーセンにもその主がいたし、「本当に強い人」ってのは確かにいてかっこよかった!女性プレーヤーは貴重でそのなかでひときわ魅力的でした!*^^*
    このマンガはぼくと同世代!

    ゲーセンってやっぱり熱い!
    大野さんかわいい!!

  • 世代ドンピシャ。

  • 友人に薦められ購入。
    作品の世界より少し年代上ですが(^^;
    隋所に懐かしさを感じます。ノスタルジックな心地よさがいいですねー。

    しかしまさかラブコメだったなんて!
    大好物ですけど(^^)

  • どうでもいいボンクラバカ男子のどうでもよさ、押切蓮介画の女の子の素晴らしさ、少年期の淡い思い出、そして何より'91年のゲーセン。大変に素敵でございました。

  • 『ピコピコ少年』にボーイ・ミーツ・ガールな成分が加わった感じですね。
    無口なゲーマー美少女と親しくなっていく過程がなかなか甘酸っぱくて良いです。
    ゲームには全く興味が無いのですが、PCエンジンは弟が持ってました。
    ゲームのタイトルが懐かしいあの頃を思い出させます。

  • 超ガチのゲームマニアたちのドキドキさせられる青春漫画。ゲームの知識がハンパない。押切蓮介のクセになる絵が良い。一般的に綺麗ではないこの絵で書かれた女の子にすごく惹かれる。キャラクターの存在が可愛い。主人公や友達のキャラも好き。

  • 大野さんが喋らないのがいい。
    残念ながらこの世代ではなかったため若干置いてかれてる感はあるけど...
    お化けゲーセンの話が好き。

  • 昔懐かしゲームマンガ、かと思ったら、よい青春物でもあった。不意打ちだったのでうっかり感動してしまった。
    いやだがラブコメじゃないだろうw

    ちなみに波動拳は今でも出せません。

  • これは…予想以上のおもしろさ。ストII、ファイナルファイト、魔界村、スペースハリアー、源平討魔伝、R-TYPE、PCエンジンなどに反応する人は読むべき。

  • 今年一番おもしろい漫画と言っても過言ではない!おそらく、今年はこれ以上おもしろい漫画は出ない。
    単なるゲーム漫画と侮る無かれ、これはラブコメディなのです!
    キュンとするのです。盛大にキュンとするのです。
    なんと言ってもメインキャラクターがめちゃくちゃ立ってる。とにかく立ち過ぎてる。3人以外いらねえわ、ってなるぐらい。(いや、いるんだけど、びっくりするぐらい目立たない。ある意味では目立つキャラもいるんだけど、直接関わらない。それが良い。)

    そして一言も話さないヒロインが初めて声を出した瞬間、泣かずにはいられない!
    ああ、名作。名作!!

  • 翌朝仕事なのに夜更かしして3巻まで一気に読んでしまった。1巻だけさらっとよんですぐ寝るつもりだったけどキンドルストアで一気買いしてしまった。しょうじき全く期待してなかったけど、期待を数十倍上回った。登場人物のキャラ設定が惡の華と似てなくもなく(※1)、僕は惡の華もそこそこ好きだけれど、圧倒的にこちらが好きになってしまったかもしれない。

    ハルオのキャラもとても良くて何よりセリフが全て面白い。このハルオの一人漫談がこの漫画の背骨かな。大野晶が一言も喋らないというキャラなんだけど、それで成立していてすごい。表情でいろいろ表現していてハルオがそれを拾う。ハルオの一人漫談がナレーション的にベースラインを鳴らし、ハルオと大野晶、ハルオと日高小春それぞれの会話が夫婦漫才的にメロディを奏でる。

    とにかくハマったのでピコピコ少年も今度は紙で買ってしまった。キンドルでは出てないみたいだし。

    ※1:矢口春雄が春日高男で、大野晶が中村佐和で、日高小春が佐伯奈々子に、それぞれとってもよく驚くほど対応している。某エヴァとの対応も言えるし、この三角関係は2000年代の黄金比なのかな。

  • ゲームもよく知らないのになんだか良く分からないうちにはまってしまった。
    しかしなんという可愛さだ、大野。

  • 2巻も発売したことだしそろそろ……ということで購入。感想は、すごく良かった。面白かった。

    自分自身こういうひと昔前のゲーセンに行った経験というのはない。もしかしたらもう少し上の世代の人達が読むと、「あぁ~、あったあった」みたいになるのかもしれない。それでも「ゲームセンター」というある種独特な空間が作り出す雰囲気が上手く描かれていると思う。

    でもこの漫画の真骨頂はそこではない。僕はこの漫画の良さは「妙にリアルなノスタルジー」であると思う。この作品、ラブコメとは言いつつも、小学生の頃の恋なんてあってないようなものだ。でも小学生特有の「男女」の区別からの微妙な噛み合わなさだったり、お金がなかったり、移動がもっぱらチャリか歩きだったり。実際に自分も作中のような体験をしたとかそういうわけではもちろんないけど、なんだか小学生だった頃の気持ちがそのまま蘇ってくるような描写が多い。また、この作者の持ち味の一つでもあると思うけど、その一つ一つの描写が妙にリアルで生々しいのだ。だからとても懐かしい気持ちになってしまう。ノスタルジーを感じてしまう。だからこそ大野も可愛い。

    この巻できれーーに終わってるけどこれ続くんだね。2巻も引き続き楽しみかな。

    いわゆるストツーはやったことがないけど、やっぱりどの対戦ゲームにも廚キャラやらウザがられる戦法があるもんなんだね。多分この漫画を読んだ大多数の人たちと同じく、僕もゲーセンに行きたくなりました。

  • 10巻まで読了。

    最終的にはびっくりするほど純愛漫画として終わった。
    いや、これでよかったとは思うけど、序盤のワクワク度の高さからすると、もう少し何か期待してしまったところもある。

  • 押切蓮介氏の漫画で初めて読んだ作品。

  • 面白い!
    押切の趣味爆発!
    続きが気になるから買ってこなくては!

  • 読了

  • 蜀崎ェュ縲る」溘∋繧区凾縺ョ縲後Δ繧ャ繝シ縲阪▲縺ヲ繧ェ繝弱?繝医?螂ス縺阪?

  • ■01-credit 1991年小学6年生。春雄はゲーセンで大野と出会う。
    ■02-credit 駄菓子屋ゲーセンで大野と話す。
    ■03-credit 大野は怖いもの(スプラッターハウス)嫌い。
    ■04-credit ゲーセンで癇癪を起こすカップルと戦って逃げる。
    ■05-credit にわか雨を避けた駄菓子屋ゲーセンでファイナルファイトを協力?プレイ。
    ■06-credit 大野にプール開きで水をぶっかけられて風邪。お見舞いに来た大野とPCエンジンプレイ。お嬢様には家庭用ゲームがないんだなと気づく。
    ■07-credit 伝説のゲーセンに自転車で行こうとすると、大野も同乗してくる。ゲーセンがしゃどくろは、出ると消える。歩いて帰る。「じゃあさ。またしんどくなったら逃げてこいよ」
    ■08-credit 土井の発案で、男女数名で花畑へ。隣接する遊園地にあるゲーセンで、ふたり遊ぶ。大野は引っ越しするらしいと聞く。
    ■09-credit 大野お別れ会にプレゼントを用意できない。空港に追いつき、おもちゃの指輪をあげる。別れ。//

  • 気になりつつ未購入。
    そんな時にアニメが始まったので毎週楽しみに観ているところ。
    思ってたよりもラブストーリーでビックリしたけど、きゅんきゅんする。
    私はヴァンパイアでゲームにのめり込みました。

  • 控え目に言って最高だった。
    続きも読もう。

  • 1〜9

  • ファミコンの時代。厳しいしつけに苦しむお嬢様がゲームに出会い、ゲームだけが取り柄の少年とゲームを通じて心を通わせていく物語。

  • 女版「ゲームセンター嵐」かい?とつい思ってしまうタイトルと雰囲気だが、その正体は非常に良質なラブストーリー漫画。

    ゲームを知らなくても恋愛模様は楽しめるし、ゲームを知っていればゲーム話を何倍も楽しめる。
    あの時代の格ゲーに熱狂した人にはたまらないでしょう。

  • この時代にゲーセンで青春を過ごした人には懐かしくてたまらない作品なのではないでしょうか?
    ヒロインが一言も話さないのにとても可愛いです!
    決して萌える絵柄ではないけれど、押切さんの描く女の子はものすごく可愛いくて印象的なのです。

  • 思ってた以上に、すごく面白かった。
    1巻の終わり方もよくて、続きが気になる・・・!

全160件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)に関連する談話室の質問

ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)を本棚に登録しているひと

ツイートする