私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(2) (ガンガンコミックスONLINE)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.73
  • (65)
  • (116)
  • (93)
  • (15)
  • (7)
本棚登録 : 1087
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・マンガ (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757535978

作品紹介・あらすじ

1学期が終わりを迎える中、なんとか思い出を作ろうとする智子。 しかし、“誰かを誘う”という人生の高い壁が智子の前に立ちふさがる!ぼっちの夏休み編突入!!
ガンガンONLINE最速で10万部を突破した超話題作の第2巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏休み、安らぎ以上に恐怖を感じたあの頃。

    夏休み、学生にとっては十年以上与えられる特権の時間ですが、その一方で何も出来ずに時間が漫然と過ぎていくことに恐怖を感じます。
    けれど、この場にだけは一瞬でも多く長居したくない、どうか速やかに過ぎ去ってください、そんな一時がやってきたりも。

    そんなわけで着実に奇行を積み重ねる黒木智子ですが、この巻から夏休みや長めの休暇となるとやって来ては、読者をも震え上がらせることになる彼女の初登場です。

    つまり従姉妹の「きーちゃん」回です。
    ひとつ屋根の下、「姉」という親族ゆえにどこか甘えたスタンスとアレげなマウントを取ることができる弟と違います。
    高校デビュー(?)以来、遠慮のなくなった主人公に対して弟智樹もいい加減当たりが強くなっているようですが。

    で、三つ下の従姉妹に向けた私は「年上のお姉ちゃん」ですよという格好つけに当たって……。
    道すがらの親切な人を巻き込んでの彼氏自慢という嘘、直後に盛大に自爆&土下座でトドメという、強烈なコンボは正直直視できませんでした。

    そして、あまりにも憐れな年上の親戚を見たこれ以降、きーちゃんは年上の少女を慈しみ支配しようと試みる、なんだかよくわからないけど恐ろしい存在になってしまいました。

    他者を見て感じる言語化しがたい劣等感といたたまれなさを象徴する「きーちゃん」(通称:サイコきーちゃん)はこの作品の独自性を支える存在なのかもしれませんね。
    ……彼女のことはとりあえず置いといて。

    なんだかんだで性には興味津々だけど、内弁慶で怖いものは怖い。
    とりあえず自分磨きと洒落こんでみても方法がわからない。だけど、とりあえずやってみよう。
    基本は一巻の延長線上なんですが、度重ねることでそういうスタンスを黒木智子が確立したってそんな気がします。

    本人が意図してかは別の問題でしょうが、失敗が取り返しのつくラインを段階を踏んで試しているというか。
    アリにたかられたり、男子中学生といけないものを見たり、家族相手に盛大にやらかしたり。

    ……一巻よりパワーアップしてますね。これが一線を越えるってことなのかもしれませんが、読者も主人公も開き直るというか慣れるというか。

    ところで、全体を再確認していて気付いたのですが。
    実は「ぼっち」とか「喪女」など、友達がいない特定の客層なら誰にでも刺さる強烈なネタは、ストレート路線で言うなら早くもここで頂点を迎えた気がします。
    早くも三巻から夏休み明けの「二学期」において次の展開に向けて動き始めるというか。

    意外と、「自分は可愛い」という周囲からの承認を得たつもりの勘違いが効いているのかもしれません。
    恥はかいたけど、一巻に続いて漫画やアニメなどのサブカルチャーの趣味趣向がしっかり描かれているのもかなり大きい。「黒木智子」が何を好むかわかることで、彼女がどう動くかわかりやすくなったとも言えます。

    一方で、サブカルネタは彼女の芯でもない気もしないでもないですけどね。
    定番からマニアックまでいろんなパロディネタを時々不意打ち気味に盛り込んでるのも確かですが。

    あと、もうひとつポイント。
    二年生編以降、主人公のクラス担任を務める荻野教諭がさらりと登場です。 
    女性で体育教師って珍しいなって、思ってしまいますが私の考えもいささか古いのかもしれません。
    とはいえ、彼女もこの時点から陰と陽のうち、日陰でアリをいじってるような陰キャラの天敵と言えます。

    「はーい、○人組作ってー」って言っちゃう役の人ですから。
    この手のシチュエーション、刺さる人には刺さる。
    運動にほとんど縁がなく、ただ通り過ぎるのを待つだけの人には酷でしょう。

    けれど、さっき言った通りこの人が今後の展開のカギを握ったりするのは、面白いですね。
    何気なく通り過ぎていくと思っていた人が舞台装置でなく、それぞれの悩みと思いを抱えた人間ってことが巻を進める度にわかってくるのですから。

    こうして改めて読むと世界は優しいし、残酷ですね。
    ありがちなセリフかもしれませんが、そう思いました。
    思ったより君のことを見てくれるし、思ったより見てくれない。
    ただ、こちらから見つめることはできる。

    道行く人と関われないけど、ささいなすれ違いはできる。
    そして案外親切だったりするこの世界で、ここから黒木智子が何を見ていくのか? そんな提起に似た二巻だったと思います。
    まだまだ吠え顔や泣き顔が似合ってしまう彼女ですが、より多くのものを見てほしいと、そう思いました

  • 読書録「私がモテないのはどう考えても
    お前らが悪い2」3

    著者 谷川ニコ
    出版 SQUAREENIX

    p54より引用
    “何もしてないのにもう夏休み
    6日も終わってしまった”

    目次から抜粋引用
    “無表情になる
     少しだけ占いを信じる
     花火に行く
     夏休みを満喫する
     見栄をはる”

     人とのやり取りがいまいちうまくいかない
    女子高生を主人公とした、妄想と苦悩を描く
    日常系漫画。
     アニメ鑑賞中、無表情キャラの魅力に気付
    いた主人公・智子。次の日早速実践して見た
    のだが…。

     上記の引用は、夏休みを無為に過ごす主人
    公・智子の心の声。
    夏休みは楽しいことが待っていて、海に山に
    レジャーを満喫しましょう、などというのは、
    それを商売にしている人たちが作った、ビジ
    ネスモデルなだけなのでは?と、こんな風に
    思ってしまうのは、私も主人公みたいな学校
    時代だったからかもしれません。
    今後学校にエアコンが完備されたら、夏休み
    は無くなる時が来るかも知れないので、人の
    遊んだ自慢を聞かなくて済むようになるかも
    知れません。
     主人公は、モテるモテないの前に、人とし
    ていまいちな所があります。特に遊びでズル
    やイカサマをするのは、いかがなものかと思
    うところです。

    ーーーーー

  • マンガ読んで久しぶりに泣きそうになった。

  • 逞帙>縲ら李縺吶℃繧九?ょシ溘□縺代§繧?↑縺上※縲∬ヲェ縺セ縺ァ蟾サ縺崎セシ縺セ繧悟ァ九a縺溪?ヲ縲

  • アニメもいいね。マンガもいいね。

  • 読んでるとなんかニヤニヤしてしまう。

  • 高校1年生1学期という大事な期間を空気同然に過ごした女子高生、黒木智子。夏休みを迎え、何とか高校時代の思い出を作ろうとする彼女は、「自分から誰かを誘う」という彼女にとっては高いハードルが待ち構えていた。

  • 相変わらずおバカな行動をとる主人公だけど、だからこそ?周りの人たちに愛されてますね~。面白かったです。

  • もこっちの夏休み!すごいポジティブというか、空回りしても切り替えが早いというか…、本当に見てて楽しいです!きーちゃんがやって来るお話が大好きです。

  • モテないし、声優にメスブタとか言わせちゃう高度な要求が出来る娘。
    ついに身内に痛さがバレ始める!
    てか、子供相手にカードゲームでイカサマとかアカンだろって以前に、そもそも汚名返上したい相手にバレまくりなイカサマしてどうすんだ。

全71件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

原作と作画のふたり組。著作には『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』『ちょく!』(スクウェア・エニックス)、『ライト姉妹』『ナンバーガール』(KADOKAWA)、『クズとメガネと文学少女(偽)』(星海社)などがある。

「2019年 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 小説アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(2) (ガンガンコミックスONLINE)のその他の作品

谷川ニコの作品

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(2) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に登録しているひと

ツイートする