妖狐×僕SS(7) (ガンガンコミックスJOKER)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.14
  • (156)
  • (153)
  • (84)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :1776
  • レビュー :71
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757536302

作品紹介・あらすじ

豪華執筆陣による妖狐×僕SS オフィシャルアンソロジー も同時発売!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  第二部もいよいよ展開し始めた7巻である。
     記憶を取り戻した凛々蝶や記憶を残していない卍里が主役となる後半とは対照的に、物語の前半を占めたのは双熾である。
     彼の告白は前回もそうであったが、あまりにセンチメンタルすぎる。その内実は文学的な風韻さえある。彼の心情の繊細さが訴えかけてくるものはあまりに切ない。

     不覚にも泣かされてしまった告白だった。前後半のテンションの違いが気にはなるが、やはり星五つで評価したい巻である。
     なお、サービスカット的には今回もまた配慮が十分に為された巻であった。この辺の男性向け感は、本当によく配慮が為されている。

  • 第30話の御狐神くんがすごく好き。

  • 御狐神くんの想いが切ない。全体的にこの一冊切ないので、巻末のハロウィンと表紙下がほっこりしました。

  • クロエちゃんかわいい! クロエちゃんかわいい!! 館のみんなの、年齢が変わっても変わらない仲がすばらしい。

  • 再読。
    32話の反ノ塚と凛々蝶のシーンがすき。

  • 購入して読了。
    たぶん発売日には・・・。

  • 凛々蝶が過去を知って、双熾を解雇すると同時に野ばら姉さんが、凛々蝶のSSになる。
    で、本当のところ、双熾は過去を覚えているのか、何を企んでいるのか、疑問点はたくさんありましたが。
    結局のところ双熾は
    ただの

    凛々蝶のストーカー

    でした。
    おおー!という感じ。
    凛々蝶が好きで好きで仕方なくて、凛々蝶の傍にいるなら過去の自分のフリだってするし、過去の自分に嫉妬だってしちゃう。

    そーたんったら本当に不憫!!(喜)

    個人的には、凛々蝶と双熾は勝手に周囲をドン引きさせるくらいラブラブしていればいいと思っているので、双熾は凛々蝶を思ってもっと病めばいいと思ってます。
    なので、第二章に入ってからちょっと物足りない気持ちになったりもしていたんですが、とりあえず僕の気持ちはこれで満足したので、よかったです。

    とりあえず命の行方不明も気になるし、もう一回百鬼夜行起こして離れ離れも嫌なんですが、凛々蝶ちゃんのコスプレも、野ばら姉さんのおかげでたくさん見れたし、満足。満足。
    連勝と野ばらさんがいい雰囲気なのは、嫌じゃないけど微妙にもやっとしたものを覚えたんですが、まあそれは見なかったことにしておきます。
    個人的には影しょった連勝はあんまり見たくないよなー……

  • みけつかみせつない(;_;)

  • なんだなんだいきなりの展開すぎて!!!!続きがきになる!!!

全71件中 1 - 10件を表示

妖狐×僕SS(7) (ガンガンコミックスJOKER)のその他の作品

藤原ここあの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

妖狐×僕SS(7) (ガンガンコミックスJOKER)に関連するサイト

妖狐×僕SS(7) (ガンガンコミックスJOKER)を本棚に登録しているひと

ツイートする