ばらかもん(6) (ガンガンコミックスONLINE)

  • スクウェア・エニックス
4.30
  • (183)
  • (165)
  • (53)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 1679
レビュー : 88
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757536678

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先生が帰ってきて良かったよー(ToT) 先生の母ちゃんウザカワイイ(*^^*)ぜひ島に来て欲しい! なるの両親の事がチラチラ気になってるんだけど、話に出てこない(-.-)

  • とても良かったです。
    今回もほのぼの、じんわりきました。
    なるはやっぱり、さらっと素敵なことを言う。
    子どもの素直な心の偉大さに気づかされることはたくさんあります。
    先生もだんだんと、心が島色になってきたね。
    大切な人を、見送る心の虚しさと、寂しさを知っているのは
    島の人ならではだからね・・。先生は戻ってきて本当に良かった。

    電話のシーン、美和とたまの習字のことを話すシーン、
    一位を取れなかった作品の事を島で語るシーン、よかったです。

    あと笑ったのは、お風呂用品で斧を買って帰るところ♪

    また楽しみだなぁ!

  • 偉い人を殴って島流しになった若き書道家が、ド田舎カルチャーギャップやパワフルな子供達に振り回されるハートフルコメディ、シリーズ節目の第6巻。

    ん〜、Web連載開始時から読んできたけど、なんというか、感無量だな。
    ただの独りよがりな残念イケメンだった半田先生が、島での生活を通して書道家としてだけでなく1人の人間としてこんなにも立派な成長を遂げた。親でもないのになんだか誇らしくなってしまったよ。島流しにした父さんグッジョブ。
    そして先生の子供っぽいとこや思い込みが激しいとこは絶対母親の遺伝だよ。

    1巻と同じシチュエーションで帰島するのもなんだか一周した感じで良い演出だった。
    今後も楽しみにしてます。

  • 清がいないことで なる は抜け殻状態に。

    一方清は館長にきちんと謝罪して許しを得た。
    が、島で書き上げた物と違うものを書展に出すと公言。
    東京の実家に篭るが創作できず。
    どうにか島の人たちの声を借りて作品を上げて。
    無事に島へ戻る清。

    清を迎える一同は相変わらずで。
    書展の結果は入賞もせずだが、清は清のスタイルを見つけて。

    相変わらず、爽やかな風が吹いてくるような作品。

  • 島の子たちからの電話のシーン。
    思わず、アニメでのシーンを思い出して、思わず泣きそうになった。

  • 前回のハラハラはなんだったの!的展開。
    でもホッとした。
    昔ストイックに作品を書いていたとは思えない。
    せんせいのママンは強烈。
    可愛らしい。
    可愛い×渋い=目つき悪いに何故なるのかわからない。

  • 先生、島の子供たちに凄く慕われているよ~。
    今回もほっこり充電。

    島の子供達との電話でのやり取り、先生の荷物に入った「大事なもの」の中身、先生の渾身の作品。
    交流が温かくて、ココロがほっこりする。

    先生、自分が思っているよりも島に馴染んでるのは無意識なのか(笑)

    プチさんが受話器の保留にされていた姿が可愛かった!

  • なに、この萌キャラ母さん。

    東京行って帰って。いやーモテモテやん。

  • 先生、一度島を出る。

  • 半田先生、島のみんなに愛されてますね!
    そして、先生もみんなのことが好きで。
    大家族みたいでステキです!

ばらかもん(6) (ガンガンコミックスONLINE)のその他の作品

ヨシノ・サツキの作品

ツイートする