ハイスコアガール(3) (ビッグガンガンコミックススーパー)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.36
  • (162)
  • (130)
  • (36)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1044
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757538412

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■16-credit 日高は道で見かけた春雄と大野の間に割り込めないものを感じている。体育館で告白の場面に遭遇した春雄は、大野を目の上のたんこぶと表現してしまう。宮尾も大野に告白したいと言い出す。
    ■17-credit 6月。修学旅行。新幹線駅で先生に飲み物を買ってきてくれと頼まれた春雄と、何してるのと駆けつけた日高は、新幹線に置いて行かれる。鈍行で琵琶湖沿いを行く途中、売店のゲーセンに行くなど、「デートみたい」と日高。「矢口君と一番近くにいられるキッカケがゲームなのに…。二人の間にいっつもはさまってるゲームの存在が…、ちょっとだけ憎たらしい。ああ…なんで…、こんなワケのわかんない片想いしてんだろ…」
    ■18-credit 修学旅行2日目。春雄が自由時間に抜け出して「スパ2X」大会に出ると、大野も出場している。
    ■19-credit 決勝で戦い、勝つが、なんだか変。なんと大野の側の筐体にボタンの不調があったとか。土手で詰問し殴り合う。銭湯に入ってから修学旅行のホテルに戻る。//
    ■20-credit 8月。夏休み。川崎のゲーセンに「ヴァンパイア」をしにいった帰り、「大野…。お前、俺と一緒にいて…楽しいか」「…いや…。本音はそうじゃねェだろ。自分に正直になれ…!!」「俺は、大野と一緒に居てぇとおもっているんだ」
    ■21-credit 9月。春雄は(大野と同じ)上蘭高校受験を決意する。ゲームを絶って受験勉強。1995年2月。受験当日。じいやが車で迎えに来てくれて、ふたりで受験会場に向かいながら、手をつなぐ。//

  • 大野さんは喋らないけど矢口君が少しずつ察して行く
    日高さんは放っておかれている
    矢口君は慣れない勉強にせいをだし自分の気持ちに気づくも……

    やっぱり日高さんはただの当て馬だよね仕方ないね
    三巻でも色々と行動はしているが人間関係はほぼ変化なし

  • 成長する過程を見ていられるのがとても楽しい。

  • とにかくゲームが好きすぎて色々トラブルを起こしたりしている。だけど、本人は楽しそうだ。それに、適度に恋愛要素入っているからこの先どうなるか気になってしまう。4巻は高校生編みたいで楽しみ。

  • 驚きの大河的展開

  • ハルオのかあちゃんの存在が地味にうらやましい。

  • [漫画] ハイスコアガール 3巻:懐古の情と恋愛ドラマにオッサンKO
    http://orecen.com/manga/hiscore-girl03/

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ツイートする