小説 FINAL FANTASY X-2.5 ~永遠の代償~ (ノベルズ)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
2.81
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 70
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757541573

作品紹介・あらすじ

ユウナたちがシンを倒してから二年と数ヶ月が経ち、スピラは新たな時代を迎えていた。ユウナはやっと再会したティーダとの時間を大切にするため、ビサイド島でゆったりとした時間を過ごそうとしていた。そんなある日、二人が乗った船が嵐に見舞われ、見知らぬ島に漂着する。そこでユウナはその島の真実に直面することに…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • FFシリーズがおかしくなってきたのはFF10-2からだと思う。

  • 数年前ゲームをプレイしていて、10-2も遊んだので、なんとなく気になって買ってみた。

  • FF10 2.5 と言うことで、FF10-2からの続編ノベルズ。
    うーん、簡単な続編と思っていたんだけど、予想外に新キャラが多くてついていくのに大変でした。
    結構変わったんだなーと。
    そしてティーダとユウナは恋していたのね。
    当たり前か。

  • 読まなきゃよかった・・

  • とんでもないもやっと感…

  • FF-Xシリーズ(ゲーム)X-2のその後のストーリー。
    何故、ティーダが戻って来れたのか?どうして、存在できているのか?が解明される話。いや、これ、このカップルファンには知りたくなかった部分でしょう… ユウナが追加シナリオのドラマ迄(その期間)どんな思いで過ごしていたのよ… 別れがテーマのゲームの続編が制作されても、再び2人が別れるシナリオが用意されているバットエンドになりそうだ…
    今後、ティーダは永久に年も取らずに姿も変わらずにいるのなら、いつかは2人に別れが来るのが想像がついて嫌だ……

  • 二人の仲が生々しくちょっと嫌だった
    本筋はいみぷ

  • こういうの読んだことないので、読んでみたい

全8件中 1 - 8件を表示

野島一成の作品

小説 FINAL FANTASY X-2.5 ~永遠の代償~ (ノベルズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする