月刊少女野崎くん (4) (ガンガンコミックスONLINE)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.44
  • (370)
  • (197)
  • (73)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 2614
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・マンガ (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757542037

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ガタイがよく無表情な高校生。
    そんな「野崎くん」は、月刊誌に 少 女 マ ン ガ を連載するプロの漫画家で――

    ずば抜けたギャグセンス+絵の上手さを誇る4コマ漫画。
    わりと誰にでもオススメできるオールマイティー漫画でもある。
    欠点はすぐ読み終わってしまうことくらいか。
    もっと分厚くてもいいですよ。3倍ほど。

    今回、「男3人で乙女ゲーをプレイする」という展開に噴きました。男性キャラが画面にアップになるたびにドン引きする2人とか(笑)

    担当さんである剣さんの的確なツッコミ、堀ちゃん先輩と鹿島くんのドタバタに萌えがノンストップです。

  • 乙ゲーと男子お泊りの話が好き\(^o^)/
    あとは若松×結月、鹿島×堀先輩の掛け合いが面白いから今後も期待!
    巻末にはそれぞれの細かいプロフィールが載ってます。一番驚いたのは千代ちゃんの身長!小さすぎる!(笑)
    あと個人的に堀先輩のネクタイを胸ポケットにしまってるのがポイント高い!あれやってる人見るとなぜかきゅんきゅんするんですよねー(どうでもいい)前髪下ろしてるのも好きです(どうでもいい)

  • 「野崎梅太郎」は「佐倉千代」にドッキリを仕掛け、それを参考に少女漫画を仕上げることに。しかし何故か出来上がったのは…!? 男子達だけで乙女ゲー&お泊り会したと思ったら、舞台は打って変わって恋の定番夏祭りへ――。野崎弟も初登場!
    文句なく面白い!!
    腹かかえて笑った。

  • ローレライと若のカップル(?)、人気なんでしょうか。若がかわいそうで、今後の展開に目が離せません。がんばれよ若!たぶん獣道だ。(なまぬるい目で)

  • ドッキリよりも驚くのはさらっと言われる台詞。言われた千代が赤面するのも分かる。
    乙女ゲーに感情移入しすぎる少女漫画家&アシスタントの男性陣。
    野崎くんの弟・真由が初登場、これかなり面倒くさい弟だなぁ。野崎くんが両親に仕事よりも心配される事柄に笑う。
    ローレライの正体気づかずに結月に気に入られてる若松が可愛い。
    堀先輩は被り物を外した鹿島にときめいたのか?違うの?でも本当に鹿島の顔が好きなんだなぁ。
    男だらけのお泊まり会で何でも漫画のエピソードに変換する野崎くんが面白い。
    巻末のキャラプロフィールで新たな発見があって楽しめた。

  • 今回も安定の破壊力、それにしても恋愛方面ズレまくってる野崎くんが連載している「恋しよっ♡」読みたい~
    巻末のプロフィールは結構詳しくて、なんだか嬉しい。

    ところで御子柴、フィギュアはパンツの柄ではなくて(大笑)コンディションとかレア度で選んだ方がイイと思うぞ。

  • 読み返し(20190804)
    堀先輩は前髪下ろしてると可愛い。

  • 本作はギャグ漫画で、かなり笑える展開ばかりなんだけど、野崎に恋する千代だけは少女漫画空間に片足突っ込んでるような存在だから、時折千代が発する恋する乙女のオーラに悶えてしまいそうになる時がある
    特に第31号、35号、そして40号ラストの千代とかかなり破壊力がありましたよ?

    そして野崎と千代の組み合わせだけでなく、瀬尾と若松の組み合わせもなかなかに良い。この巻では出番が少なかったけど、登場すれば美味しい雰囲気を発していたりするし。特にこの巻ではカラー口絵がかなりの破壊力
    ……まあ、こちらの組み合わせは片想いですら無かったりするのだけど

    巻末には舞台説明やらキャラ紹介やら。随分細かく設定されてるんだなぁ

  • 978-4-7575-4203-7 156p 2014.4.2 3刷

  • 31-40

全145件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

椿 いづみ(つばき いづみ)
埼玉県出身の漫画家。双子の妹として、漫画家の古賀よしきがいる。2002年、『花とゆめ』17号掲載の「縮めてディスタンス」でデビュー。代表作に、『親指からロマンス』、『俺様ティーチャー』、テレビアニメ化された『月刊少女野崎くん』。

月刊少女野崎くん (4) (ガンガンコミックスONLINE)のその他の作品

椿いづみの作品

月刊少女野崎くん (4) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に登録しているひと

ツイートする