ホリミヤ(6) (Gファンタジーコミックス)

著者 :
制作 : 萩原ダイスケ 
  • スクウェア・エニックス
4.18
  • (57)
  • (54)
  • (30)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 853
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757543256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うわあああついに…

    ドキドキし過ぎて涙出てきた

  • 10/30/2014 読了。

    にやけるー!!

    堀と宮村君以外を掘り下げていった巻な気がします!
    恥じらう河野さんかわいい。
    レミと仙石の関係性はなんか分かる気がします。

    あ、ちらっとだけど井浦が出ててよかった!!笑

  • やっぱりホリミヤはいい!!
    なんだかいろいろと盛りだくさんだったな。
    吉川さんと透くんの話や会長と彼女の話や
    堀さんと宮村くんの一歩進展な話やプールの話や、
    京介さん込みでのホラー団らん鑑賞会
    宮村くん、堀さん「ごめんね」事件などなど
    ホリミヤの良さってなんだろう?って考えるほど
    読後感がいい。
    人物が力んでない、まさにありのままの姿で日常を過ごしていて、その中に確かに炭酸系なピリリとした爽やかさ、人物それぞれが気取ってなく、いい人達で、堀さんもか弱い女の子でもなければ、宮村くんも男らしい男でもなく
    でもいい具合に寄り添ってやっぱり必要としているお互いの存在、堀さんが女の子らしく、宮村くんが男の子らしくなるときのギャップがとにかく素敵。
    堀さんだから、宮村くんだからみせれる誰にも見せない自分。
    堀さんの家族も理解があって、面白くって
    宮村くんはすっかり堀さんちの家族の一人だものね。
    京介さんが宮村くん抱っこして、宮村くんが堀さん抱っこしてホラーをみる姿は本当に微笑ましい。
    ピリリとあったかいホリミヤの世界が大好きです。

  • コミック

  • webマンガのときも大騒ぎだったあのエピソードがこの巻に。あと桜と吉川と石川くんのあれこれ。千石とレミが好きな人にもお勧めな巻。千石の、レミの好きなところと、レミの語る、私の好きな人。一緒に読むと、なんだか、いいです。どうしてこの二人(って最初思ってた)の疑問が解消される。いいバランスだよね。本当は弱いことを知っているけど、頑張っている千石を認めているレミ。自分は弱いけれど、そうありたい強さを持たせてくれるから、レミを守りたいと言う千石。こういう関係いいなあ、って思う。

  • 宮村と京子が遂にファイナル・フュージョンしたことで関係性が落ち着いたことも有ってか、石川と由紀と桜の関係性の方が印象的

    そう言えば宮村と京子ってすんなりカップルになっていったものだから、石川たちみたいな三角関係とかは発生していなかったものなぁ
    一歩ずつ進んでいく桜と自己主張を控えてしまう由紀。どちらも応援したくなるけれど、そもそも石川はいい加減京子を諦められたんだろうかって部分も気になる

  • とても好きな巻。石川に勇気を出してお菓子を渡す桜。でも由紀もじつは石川のことが好きで。。本音を言わない彼女が、これからどうしていくのか気になる。
    創太の「いつもあんなことしてるの?」にドキリ。
    レミが生徒会長のどんなところが好きか語るお話も好き。
    プール嫌がり過ぎ。。
    ラスト、堀が謝るまで頑張って必死に逃げた宮村と、ごめんなさいは?と促されて初めて素直に謝れた堀のやり取りが好き。
    人間関係が堀と宮村以外も動いてきて面白い。

  • 男子2人がプール授業をサボるプール回など。伊澄くんはタトゥーやってるから仕方ないけどね。

  • 宮村かっこいい!なんかアッサリと二人が一線超えて、無意識プロポーズが出た。
    ・・・きゃぁぁぁぁぁ((((;゚Д゚)))))))
    耐性がついてない私にとってはかなり!かなりヤバかった!!(いい方向で)
    今すぐ次の巻読みたい!

  • サラッと流されがちだけど、由希ちゃんの恋が叶うといいな。

全29件中 1 - 10件を表示

ホリミヤ(6) (Gファンタジーコミックス)のその他の作品

HEROの作品

ホリミヤ(6) (Gファンタジーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする