黒執事(19) (Gファンタジーコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.99
  • (70)
  • (108)
  • (60)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1437
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・マンガ (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757543447

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何やらファンタジーテイスト。
    いや、もうファンタジーではあるんだけど。

    ドイツと狼人の展開は面白そうな予感。
    庭師のフィニアンの思いにグッときた。

  • サリヴァン可愛い....サリヴァンにどうしたらいいかわからなくなってるシエルもかわいい....
    そっか、そう考えると、エリザベスってシエルより年上なんですよね。
    ヴォルフも好き。不器用だけどサリヴァンのこと一番に考えてる感じ。でもなんかあるなあ。
    フィニの過去もここで詳しく描かれる。フィニは人間兵器だったんですね。フランス?ロシアかな?きっと他3人の過去もこれから描かれるかな?楽しみ....わくわく。

  • 再読。シエルの自失と、セバ様サリヴァンに仕えるの巻。フィニと主従の出会いも少し。ところでサリヴァンの着ている服は一体何というジャンルなのだろう?ドイツの伝統的な女性着はディアンドルだが、それとは違う。メルヘンとでも呼ぶのだろうか。どなたか教えていただけませんか。それを着ているサリヴァンがとてもかわいい。ちょっとおませさんなところも。表紙のサリヴァンを見た私は、あまりの美しさに音もなく塵と化した。次巻も楽しみ。

  • 『魔女の呪い編』始まります。

    前巻から、女王からの依頼でドイツへ行く事に。
    絡んでいるのは葬儀屋。

    旅先でたどり着いたのは森の先にある狼の谷。
    よそ者を受け付けないが、特別に一宿を提供するという。
    森の領主に案内された先は「緑の館」。
    その領主サリヴァンは纏足を施されてる。
    いつも傍らにいる執事に抱きかかえられて移動。
    人狼に襲われた村人の中に「来客がいるから」と言われ。
    言いつけを破り夜の森に出たシエルとセバス。
    妙な霧の中人狼を見つけるが。
    その「呪い」と言われるものに皮膚がただれ、体が病む。
    サリヴァンの浄化の義により一命をとりとめ。
    シエルはセバスを受け付けずに、ファニーだけを近くにいることを許し。
    セバスはシエルが治癒するまでサリヴァンの臨時執事となる。
    サリヴァンの人狼への儀式。
    視力を一時的に失っているシエルの過去。
    駄々をこねるシエルは一体?

  • 人狼事件、まだ序盤てところ?
    セバスチャンは本領発揮しておりますが、
    狼の谷と魔女の謎、フィニの過去、
    それに加えてシエルの人格・・・???
    もう、わからないことだらけな伏線が多くて、
    早く続きが読みたいです。ふう~。

  • セバスチャンが一瞬で料理作れるのはわかるんだけど、それでも人間らしく手順を踏んで作れるようにしつけなおされたのに、緑の館で腹ペコで1時間以上待たされた相手につくる料理が数時間煮込む料理アイスバインと煮た後冷やして固めるローテグリュッツっていうめちゃくちゃ時間かかりそうなものばかりを選んだのが謎。

    枢さんって結構容赦なく綺麗なお顔を痛めつけるよね…笑

  • 邂逅、緑の魔女――。

    足を踏み入れただけで呪い殺されるという“人狼の森"。その謎を暴くため、異国の地・ドイツを訪れたセバスチャンとシエル。二人の前に現れたのは、森を納める幼き魔女とその執事だった。

  • 16〜19巻まで。学園生活から魔女の森へ。

  • お。やっと過去っぽいものが。
    てゆーか、悪魔、死神、ときて魔女がいままででてこなかったのが不思議だったよね。
    フェアリーもでてくることを期待。
    英国と悪魔ってどうつなげるんだろ・・・。ま、ファンタジーだけどさ。

  • ギャグとシリアスの使い分けが好きです

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

枢やな(とぼそ やな)
1984年生まれ。埼玉県出身。2004年、『9th』でデビュー。2006年、『黒執事』の連載を開始。同作はテレビアニメ及びミュージカル化され、累計部数は2300万部を突破しており、2014年には実写映画が公開された。
2003年、『HELL-O』にて第3回スクウェア・エニックスマンガ大賞奨励賞受賞、2004年『DISGUISE』にて第4回スクウェア・エニックスマンガ大賞入選。2008年『黒執事』にて第54回小学館漫画賞 少年漫画部門ノミネート、2010年同作でジャパン・エキスポ・アワード 最優秀少年漫画部門受賞。

枢やなの作品

黒執事(19) (Gファンタジーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする