ばらかもん(12) (ガンガンコミックスONLINE)

  • スクウェア・エニックス
4.15
  • (61)
  • (74)
  • (30)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 782
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757547322

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ☆☆☆☆

  • 島でのクリスマスの話から、なるの父ちゃん登場まで。

    なるとお父さんの話でばらかもんらしくない、いい話になってたけど、最初の「私って言う」話とかいつものノリの話もあって、いつものように楽しめました。

    タマの妄想が怖くなってきました…
    もうそこ掘り下げなくていいよ。。

  • よつばとを彷彿とさせる離島物語。ちょーほっこりする。子どもに優しくなれる。

  • 最新刊まで。
    とりあえず半田先生が愛らしいです。あと、なるが可愛い。半田先生と父親の半田清明とのやり取りが好き。

  • なる父初登場!……って、父ぃ~!?

    なるはやっぱり色々と我慢してるというか、気を遣ってたんだなぁーと思うと、胸が詰まるわ…。(≧ヘ≦。)

    今巻はとにかく切なかった…けど、温かくもあった。
    サンタクロースを信じているかどうかって、各家庭の在り方がとくによく現れる話って感じするなあ。(^∀^)
    個人的には、郷長一家が“らしい”というか、ありがちで面白いw…でも微笑ましいよ*

    なるほど先生はなるの家族でも他人でもなく、なるの「先生」だもんね!
    そのことを語る一連のシーンは本当に良かったわ。+゚(ノ◇≦。)
    やっぱりなるは笑顔でなくっちゃ♪

    その他、「ダッシュ東野」改め「マッシュ東野」の正体(しかし私はまだ疑っているゾ)とか。
    ヒロシの東京行き決定とか。

    次巻は、先生の帰省&なるの東京デビュー!?

  • 不覚にも泣いた。

  • ヒロシの出番がもっとあればいい。
    先生が先生らしくなった。

  • 「喜ばないと、もう来てくれないんだよ」は泣きそうになった。タマの身長の話はもはや付いていけない。

  • 宇宙人が先生に言った、

    「先生は他人じゃもんの」

    ってセリフがすべてを物語っているような。あの笑顔じゃ悪気があるのか無いのか読めないけれど、宇宙人の本心が詰まっているように感じた。
    先生に対する嫉妬なのか自分へのコンプレックスなのか、はたまた事実関係を思いついたまま言ったのか・・・ううむ。

    なるは察しが良い。明るく元気な子、というだけじゃない。
    そんな健気ななるの姿に先生も涙でちゃってるよヲイ。なるにとって先生が『心の拠り所』になっていくのか。
    読んでホッコリした。

    そういや何故に先生の帰省になるを連れて行くんだろ。
    13巻が楽しみだ。

  • なるのお父さんの「バイバイばい、バイバイばーい」ってセリフがツボ。
    意味はわかるけど、あんま言わない気がするw
    九州以外の人でも意味わかるのかな?

    書き下ろしの雪だるまの話も結構あるあるでおもしろかった。
    なるがついに東京デビューかというところで終わっちゃったので、早く続きが読みたい!
    次巻の予告のページだけでもうおもしろかったので期待。

ばらかもん(12) (ガンガンコミックスONLINE)のその他の作品

ヨシノ・サツキの作品

ツイートする