月刊少女野崎くん(7) (ガンガンコミックスONLINE)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.36
  • (165)
  • (105)
  • (48)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1862
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757548305

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この漫画で一番好きな組み合わせは誰かと聞かれたら、瀬尾と若松を上げる、そんな私にとってこの巻は若松が一線を越えた点について大いに衝撃を受けていたりする
    ……まあ、その越えた一線が果たして恋愛的な意味をどこまで持っているのかよく判らなかったりするのだけど
    普段からからかわれている復讐にと瀬尾に「大好き」発言を連発することにした若松。瀬尾の反応がこれまでの事を考えれば予想外すぎるものだっただけに、それで若松がはしゃぎたくなるのも判るけど、その行動って端から見ればバカップルのそれなんだけどな…
    表紙裏のタメ語で瀬尾達に「黙れよ」と言う若松は普段とのギャップが有りすぎです

    一方で野崎に絶賛片思い中の千代はこの巻でも全力全開。
    野崎が囓ったりんご飴をコーティングした上で保管、鑑賞しようとする姿勢は普通にドン引きものです。それで良いのかヒロイン
    でも、それと同じくらい引いたのは球技大会での行動か。野崎がバスケで活躍して下級生女子から好評価貰うのが嫌だからって、鹿島に野崎を「再起不能なくらいギタギタのメタメタに叩き潰してね」と頼む様は普通に怖いよ!野崎にも恐れられた上で困惑されてるし!

    いや~、この巻も色々な意味で楽しませて貰いましたよ

  • 「黙れよ」「ぴゃっ」な3人が可愛い^^
    タメ口な若かわいい^^
    他人事じゃない若かわいい^^^^
    ミーティングの案件を全部メモってる若かわいい^^
    瀬尾っちとの付き合い方がちょっと分かって来た若かわいい^^^^
    っていうか若ならもう全部かわいい^^
    っていうかもう皆かわいい^^なんなのこれ^^^^

  • 今回も面白かった!野崎くんと千代の糸電話やカツアゲごっこがほのぼのしてる。
    堀先輩だけが相関図把握した瞬間笑えた。
    コックリさんの回も笑いっぱなし。
    若が、野崎くんによる結月モデルの男キャラに愛着を抱いていて、真相を知らないって幸せだなと心底思う。
    そして若と言えば、ある目的のために結月に告白するけど、結月の反応も、若の反応もおいしい。このままどんどん口説いていってほしい。
    それから、掘先輩&鹿島くん好きとしては、第68号が最高としか言えない。シンデレラを模したあの扉からして素敵だし、すれ違いもあれはあれで良い。

  • どいつもこいつも可愛いったら!

  • 70話まで

  • 61号
    登場人物のガラケーをスマホに変えるために試行錯誤する話。なんで糸電話(笑)でもカップル誕生してたの最高にいい。ケータイの持ち方おかしいのもいい。

    62号
    トーン貼りの話。

    63号
    都さんが大学の友達との飲み会に参加する話。めっちゃおもろかった。職業病とかサインのやつとか。

    64号
    千代が少し太ったのでダイエットしようとする話。真由くんの部活動に参加したり。この掛け声のやつと真由くんがおぶって走るやつ好き。
    あとおまけの!

    65号
    コックリさんやってみる編。おまけが一番面白かった。

    66号
    瀬尾と若松。

    67号
    呼び出された側の心境確認回。千代ちゃんの目が点の時の絵すごいかわいい。

    68号
    堀先輩が足の写真見てタイプって言ったの鹿島の足で…。
    この2人早くくっつかないかなー。

    69号
    剣さん泊まり込みの回。

    70号
    球技大会編。
    最後の野崎くんの体験マンガにしたやつ、声出して笑った。

  • 24pの"少女マンガのモテ要素"
    「スポーツできる人かっこいい…♡」
    「頭脳派の人かっこいい♡」
    「ワイルドな所が素敵♡」
    「いつまでも子供みたい♡」
    これってソー(MARBEL)のこと?

    剣さん大好きだけど前野とセットなのがほんと辛い。

  • 諱九?逶イ逶ョ縺ィ縺?≧縺九?∝鴻莉」縺。繧?s縺後←繧薙←繧捺ョ句ソオ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺?¥窶ヲ縲

  • 978-4-7575-4830-5 146+2p 2015・12・22 初版

  • 若の無意識の告白!とうとう言っちゃいましたか!とわくわくしたけれど…あれれ?でもあまり二人の関係が変わっていない気が…。
    糸電話も笑わせていただきました。

全69件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

椿 いづみ(つばき いづみ)
埼玉県出身の漫画家。双子の妹として、漫画家の古賀よしきがいる。2002年、『花とゆめ』17号掲載の「縮めてディスタンス」でデビュー。代表作に、『親指からロマンス』、『俺様ティーチャー』、テレビアニメ化された『月刊少女野崎くん』。

椿いづみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

月刊少女野崎くん(7) (ガンガンコミックスONLINE)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×