ばらかもん(14) (ガンガンコミックスONLINE)

  • スクウェア・エニックス
3.84
  • (21)
  • (45)
  • (32)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 502
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757551794

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • それぞれの新たな道をすすむ、という展開。
    先生と川藤の仲介は なるが活躍するのかな。大人になってからの仲直りって、なかなか難しい。

    それにしても先生、習字教室で2万円は高いよ・・・。

  • 前巻で大きな決断をして、島に戻ってきた先生。
    本巻から書道教室開講に向けて本格的に始動か‥と思いきや、道のりは遠く。(-v-;)ゞ
    一方なるは、先生と川藤を仲直りさせるために密かに連絡をとっているようで…?

    今回は教室を開くまでには至らず、スローライフなノリで島に帰ってきたんだな~と思わせる話だった。
    なるにとって二人を仲直りさせることは、“秘密のミッション”みたいなものなのかな?
    うまくいくといいね☆

  • 半田先生は字で人の心を動かす、か。凄い書道家なはずなんだよなー、本人に自覚が全くないけど。
    どうやら裏で色々動いているらしい、なるちゃんの様子も気になる。次巻が楽しみ。

  • 先生が島に帰ってきた!\(^o^)/そして高額な書道教室を開く(^^;)どんな事にも熱くなれる人達が大好き♪大根の収穫笑えた~(^o^)このもん は結局どうなったのか気になる(--;)

  • 半田くんの生き方模索中。が、商売っ気ゼロの月謝設定には爆笑。

  • 書家をやめて終わっちゃうのか変わっちゃうのかと心配したが何も変わらず。

  • 書道教室を開くためになると共に東京の実家から島に帰ってきた半田先生。こうすけがちょろちょろするのを尻目に、家をかけた戦い(勘違い)大根の収穫、このもん作りと大雪に断水、お祭りや美和の家の酒屋の閉店など。
    美和がみしかかで高校卒業したら島に帰って酒屋を継ぐと言ってるのが繋がったけど、結局酒造りの勉強は?と疑問が残る。
    半田先生も書道教室に興味を持ってくれる人にことごとく考えなしの月謝代を告げては断られる始末。
    冬の五島の寒さって厳しいんだなぁ。
    いつか行って見たいなぁとまた思った。

  • 今回クスッと笑ったのは1回だけだった。

  • 半田くんが東京から帰ってきたところから。

    最近あまり楽しくなかったので期待していなかったのですが、少し面白くなってきました。

    なるがあまり出てこないのでやはりイマイチかも。。

  • やっぱり島の生活はいいなぁ。
    そして「半田書道教室」が始動!
    月謝が高くなければ生徒は集まりそうだけど…大丈夫かなぁ先生(笑)

    神崎くんは先生とは対照的に書道家の道に戻りましたね。
    先生の辛辣だけど的を射たアドバイスが素晴らしかった(笑)
    川藤くん、いつか島に遊びに来てくれたらいいな。

    先生、神崎くん、ときて美和も自分の道を見つけちゃいましたね。あとひなちゃんも巫女似合うと思うな(笑)

    帯通り、現実は厳しいけど、未来を作っていく巻でした。

全24件中 11 - 20件を表示

ばらかもん(14) (ガンガンコミックスONLINE)のその他の作品

ヨシノ・サツキの作品

ツイートする