黒執事(26) (Gファンタジーコミックス)

著者 : 枢やな
  • スクウェア・エニックス (2017年12月27日発売)
4.24
  • (30)
  • (22)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :379
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757555709

黒執事(26) (Gファンタジーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 待ちに待った伏線の回収。兄シエルがセバスチャンに言った言葉の意味、リジーはどこにいるのか、ソーマとアグニを襲った犯人とは…。最後のは凡そ予想はつくが、気になるところがまだ沢山。弟シエルはおもちゃ屋さんの夢を叶えていて、悲しいストーリーの中にも小さな暖かさがあり少しだけ救われた。

  • あああ…悲しい…(前半)。

  • 《若干ネタバレ注意》


    前からシエル双子説があったのでもしやと思ってたらもしやでした。双子シエルの目的や今までどこで何をしていたのかがとても気になります。毎回展開が楽しみな漫画の一つです

  • シエルがふたり… アグニの献身っぷり… いろいろ伏線回収されて理解が追いつかなくて、発売日に読んでおきながら感想が今更。シエル(弟)はおもちゃ屋さんの夢も叶えていたんだな。リジーはきっとシエル(兄)のもと。いるべき場所にってことなんだろうけど、これはややこしい。まだ語られていないあの日に何があったのか…

  • 襲撃者来訪からシエルたちの幼少期の回想シーンまで。

    実に鮮烈な26巻。
    少し目を背けたくなるかな…。

    噂されていた通りの伏線がついに。
    主人公シエルの複雑な思いにこれは一体どうしたら良いものか。
    この先の展開がどうなっていくのか、全く予想つかない…。

  • 色々とびっくり。タナカさんが好きなんだけど何故生き残ってるんだろう…。
    リジーちゃんが帰ってこないのも『シエル』くんのせいでしょうね。

  • なんだかなー胸が痛いです。
    とりあえず、アグニをソーマ様に返して欲しい。
    受け入れられないな‥多分次巻も‥

  • アグニーーーッ!(;_;)

  • 今一番夢中なマンガが黒執事なわけだけど、まさか26巻でここまで急に全ての伏線の回収を始めるとは…。そしてソーマとアグニ…。衝撃、としか言えない巻だった。
    この巻を読んだうえで、ミュージカル黒執事の豪華客船編の、セバスとシエルのシネマティックレコードのシーン(伯爵、執事としての成長)を見たら、本当に涙が止まらなかった。お互いがお互いを「今は30点」「やっと70点」と批評しつつ、最後に二人でダンスを踊る姿に、こんなに泣いて大丈夫か?というくらい感動してしまった。(先を知らない人だと、それなりに微笑ましいシーンに見えるので)
    普通に読んでいたときも、なんかおかしいな?と思う表現は多々あったのだけど、事実がわかったうえで1巻から読み返してみると、数々のシーンがその前提で描かれていて、2度楽しめる。

  • かみさま、どうして

全21件中 1 - 10件を表示

枢やなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黒執事(26) (Gファンタジーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする