好きな子がめがねを忘れた(6) (ガンガンコミックス JOKER)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.33
  • (9)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 146
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757569119

作品紹介・あらすじ

全ラブコメが、うらやむ二人。
三重さんが他の人としゃべってると、ザワザワ気になっちゃう小村くん…。向き合おう、自分の気持ちと。等身大のラブが動き出す!Twitterに掲載されたショート5編に加え、ガンガンJOKER掲載のストーリーをたっぷり6話収録。SNSで話題沸騰のゼロ距離ラブコメ、第6巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 好きな子がめがねを忘れた(6) (ガンガンコミックス JOKER)

    言い尽くされてますが、尊い♪の一言(笑)

    三重さんが、ちょいちょい攻め気味な態度と言葉を魅せます。小村君は、考えすぎちゃって、焼きもちなのか決意なのか350度くらい回っちゃってます(笑)
    そばにいたい(多分)三重さんと、そばに立っていれるようになりたい小村君、お互いに視線を感じるけれども言葉にも態度にもできない。
    視線の先にある気持ち!これは、大人になってからね♪(笑)

    そっか!三重さんは、メンダコが好きなのか♪(笑)

    汚ちまった心の大人は、ニヤニヤ、悶えながら、あーこんな青春したかった!と思うのです。

    #好きな子がめがねを忘れた
    #漫画倶楽部

    #漫画好きな人と繋がりたい
    #漫画好き
    #漫画
    #コミックス
    #コミック
    #ラブコメ

  • オビの文言に嘘偽りなし。
    こんな青春がうらやましくて仕方がなくて震える。

    表紙の絵も1巻の頃と比べて二人の距離感がだいぶ近づいてきてる様子にほっこり。
    三重ちゃんのやさしい笑顔がまぶしい。


    好きな子が自分に料理を作ってくれる妄想(p16)ってすごくいいね。。

    p34、小村くんの心の声の枠線が徐々にゆがんでいく表現、凹んでる心情とかモヤモヤがよく伝わってくる。

    p73、「こっち見て」の破壊力はやばい。

    もうなんて言うかこの辺りは、天然の発言ではなくなってきてる感じが。女の子はやっぱり精神的には男よりも大人なんだよなあ。

    スカートの下を無防備に確認しちゃいかん。

    68話は読んでると呼吸が乱れてくるくらいにふたりのキラキラした時間がめちゃくちゃ素敵。素晴らしい。

    いやー、付き合ってほしいしそうなるんだろうけど、何だろうねこの気持ちは。

    14、5歳の時間ってあっという間だからこそ貴重で、取り戻しようがないんだけど現実はそんな自覚出来るはずもなく…。

    続きを読むのが怖いような不思議な感覚。


    2刷
    2021.9.14

  • もうお前ら付き合っちゃえよ!!! という雰囲気の6巻。

    個人的に好きだったのは、三重さんの髪型が普段と異なる回。
    これってまさに「好きな子がめがねを忘れた」というタイトルでやろうとしていることそのものですよね。
    普段と違う姿を見て、もっと好きになる。

    次巻も楽しみです。

  •  読了。
     ちょっと三重さんがあざとく感じてきたよ。そんなん相手が好きってわかってなかったら普通できないよ。
    あーでも三重さんはそういう子か。

    小村君はもう告白してるんじゃないかな。相手が気付いてないだけで。
    (210725)

  • "『…めちゃめちゃ視線を感じる…
    …あっ
    …そっか 視線って見えるものじゃなくて
    感じるものだもんなあ…
    とっくにバレてたのかな…』"[p.104]

    もう完全に両片思い。可愛い、可愛いね……。
    忘れられたくない/忘れたくないで、最後で一歩前進したのが良い。

  • 小村くんの独白がちょっとメンドクサイ巻。

    あー、もう!
    最後のとか、こんなんもう告白してるようなもんじゃんよ。
    さっさと結婚しちゃいなよ!
    いいかげんにしてくれないとキュキュンで窒息死するわ。
    てか、三重さんはする気満々だよねコレ。

    三重家ではオムライスをドンブリに盛るのか。

    相変わらず東くんがイケメンすぎるわ。

    コインゲームはたぶん資金力の問題もあるんじゃないかな。
    自分はあーいった、クリアの概念がないゲームって苦手。

    逆上がりするつもりでスカートの下にズボン履くんだけど、早く会いたいから着替えるまではしない三重さん可愛いな。
    素直に眼鏡を忘れてた方が小村くんの自撮り貰えたのでは。

  • この時間がずっとずっと続くといいです

全7件中 1 - 7件を表示

藤近小梅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×