人狼への転生、魔王の副官 14 黒狼姫と砂の追憶 (SQEXノベル)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757570641

作品紹介・あらすじ

風紋砂漠で“アソン”の謎を追う!?
生きる伝説“黒狼卿”ヴァイトの娘フリーデは使節団の一員として訪れた氷壁の帝国ロルムンドで功績を収め今度はその噂を聞いたワの国から技術交流の名目で招待されることに。
しかし、ワの国のことなので文字通りの技術交流なわけがない。これは“フリーデたちがミラルディアの次世代の担い手として足るか”の試練だ。案内役と称してミホシ衆の見習いである少女イオリが監視するなか、天性の勘と智勇でもって次々に試練を突破していくフリーデ。ついには風紋砂漠へ足を踏み入れるが、突如出現した砂の壁に囲われる街に迷い込んでしまった。一面の砂景色のなか、古風なワの服装をした一人の男に遭遇する。
曰く――「我こそはアソンなるぞ」
アソンといえば千年以上前にワを建国し、数多の伝説を持つ転移者だ。そして、旅に出たまま姿を消したことから神世に還ったとされていた。本物であればヴァイトに匹敵する英雄。しかし、この男から人間のにおいは一切しない。フリーデのこれまでの経験と勘が“この人を信用してはいけない”と警告を鳴らしていて……。
ほぼ全編書き下ろしストーリーでお送りする黒狼親子の新たな冒険譚!

著者プロフィール

「小説家になろう」出身。既刊は『人狼への転生、魔王の副官』(アース・スター刊)

「2018年 『異世界クイーンメーカー ~わがままプリンセスとの授業日誌~ 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

漂月の作品

ツイートする
×