おじさまと猫(7) (ガンガンコミックス pixiv)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.30
  • (14)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 219
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757571549

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふくまるくん可愛い。時々泣かされる漫画。
    大好きです

  • 敬愛する父に認められず、父が唯一認めたピアニストの神田を憎んでいたジョフロワ。彼が神田に教えを乞うために訪れた日本で出会ったのは5匹の子猫たちだった!猫が孤独だった人々をやさしく繋いでいく。

    シリアス展開か?と思いきや、日比野に引き続いておもしろ愛されキャラだったジョフロワ!子猫を抱えて神田を訪ねた時の心の叫び。5匹と1人の子猫が迎えられたあの瞬間は思わず泣きそうに。神田の笑顔も温かかった。奥さんの愛はこうして受け継がれていくんだなと。相手の言葉の先を見て、誰もが持つ弱さを包み込む。これは自分の弱さをまず受容していないとできないことだよね。ぼくもこんなおじさまになれたらなと思わせてくれる。

    子猫たちとふくまるたちの共同生活も可愛くてしょうがなかった。嫉妬しつつも、愛情をもって子猫たちに接してあげるふくまるの姿がよかった。自分へ向けられた愛をこうやって繋いでいけたら素敵なことだよね。ドラマ版ふくまるとのコラボや、現場レポートマンガもあっておまけも読みごたえあり。

    ジョフロワが里親に出す子猫たちに名前をつけてあげるシーンも泣かされた。「私が覚えていたいから付けたんだ」と抱きしめるシーンは切ない。そこからの父・ギュスターヴとの物語も素敵だった。猫の可愛さはもちろん、人間ドラマでも胸いっぱいにさせてくれるマンガだと思う。そして、ラストに衝撃の展開!!早くも続きが気になってしょうがない!

  • …ギャグなのかシリアスなのか分からない。

    いや、ノリとしては今までと変わらないんですが、新キャラ・ジョフロワの設定とキャラ、外見と猫バカ行動の落差が余りにもデカい。
    良い話なんだけど、猫バカ要素が「お、おぅ…」ってさせてしまう。

    でもホント良い話。

    つい「フフッ」ってなってしまう。
    現実だとそう上手くはいかないんでしょうけど、それでいいじゃないか。それが素敵なフィクションというものです。


    …それにしても、おじさま以外はとにかく圧の強いキャラばっかりだなぁ…>血縁ですら。

  • またまた新キャラ登場。
    出てくるピアニスト達皆がめちゃくちゃライバル視しているけれど心の中は寂しさでいっぱい。
    猫ちゃんさながらの甘えた寂しがりやさんのツンデレなんてすね。
    神田さんは相変わらずのマイペース。でも神田さん自身が寂しさいっぱいだったんですよね。
    ふくまる、側にいてくれてありがとう!
    兄弟猫ちゃんたち可愛いです。
    どんな命も大切にしなくては。

  • ジョフロワさんが何をしでかすのかヒヤヒヤしていたけれど、子猫にあっさり落ちてしまったな。子猫の威力凄まじい。どんな時も優しい神田さんに子供のように感情を爆発させ、恥じるジョフロワさん可愛い。ジョフロワ父は神田さんにはたっぷり息子自慢していたのかな...。そして新キャラ、神田さんの娘が現れて次巻何が起こるのか楽しみですね。変人のにおいがプンプンする

  • 父親に認められたいこじらせさんが、猫を拾って助ける話。といえば一言だけど、みんなどこかに闇はあるんだなー。才能だけじゃ生きてけないんだなぁ。

  • 好き

  • ジョフロワが神田のところにピアノを学びに来るところから。

    子猫を拾ってピアノどころじゃなくなってるけどw
    全然ピアノ触ってるシーン無いw

    おじさまの娘が登場してびっくり!
    いたんだ!
    全く触れられて無かったけど!

  • 1冊まるごとジョフロワと5匹の捨て猫の話。父親の愛情を感じられないジョフと息子に愛情を与えられないと悩むギュスターヴ、ピアノの天才というのは不器用なのかもしれない。
    そして、捨て猫5匹に翻弄されるふくまるとマリンがかわいかった。

  • 良かったです^ ^
    ジョフロワさん、子ニャンコ、幸せにね。

全11件中 1 - 10件を表示

桜井海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
おおのこうすけ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×