この度、私、聖女を引退することになりました (SQEXノベル)

  • スクウェア・エニックス
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757571914

作品紹介・あらすじ

40歳アイドル聖女さま引退生活をエンジョイします!
恋愛禁止の聖女の職に就き『呪歌』で「魔のモノ」を鎮めてきたソフィアは、ある日突然引退勧告を告げられる。本来ならもっと早くに交代のはずが、気づけば40歳。長年の『境界の塔』暮らしで歌うこと以外取り柄もなく、皇帝の妹とはいえ嫁ぎ先のあてもない。これから一体どうしよう、と途方に暮れるソフィアだったが…。驚いたことに帝都ではファンの要望でリサイタルの準備が進められ、お忍びで街へ出ればあっという間に人だかり。その上、密かに想いを寄せるグラウ将軍からは過保護なまでに世話を焼かれるが、鈍すぎるソフィアは彼の気持ちに全く気づかない。そんな中、ソフィアを巡る陰謀も動き出し――!引く手あまたの40歳アイドル聖女さま、これからは引退生活をエンジョイします!書き下ろしは「魔のモノ」の国への弾丸ライブツアー(新婚旅行)!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 歌で平和を守るというのは、某SFアニメを彷彿とさせるけれど、それが聖女さまで、御年40歳というのは予想外すぎた。
    しかもアイドル聖女さまなので恋愛禁止。
    つまり40歳処女聖女さま。
    これはファンだって「そろそろ結婚して幸せになってくれよ」と思うのではないだろうか。

    ファンタジーの世界ながら、アイドルものなので、中にはサイリウム的なものまで登場するから本当にびっくり。
    武道館ライブとかと変わらないぞ。
    バックバンドもついているし、ファングッズも売られるし、アンコールもあり。
    これ、本当にアイドルものだ。
    それなのに聖女さまに騎士、王国にモンスター(ここでは「魔のモノ」)も登場するファンタジー。
    ファンタジーとアイドルものって同居できたんだと奇跡の瞬間を見た気がする。
    この発想はなかった。

    そうなると、彼女をずっと思い続けてきた将軍は完全に推しに一生をかけている重度のファン。
    そこから本当に結婚まで持ち込んでしまうのが凄い。
    彼のファンの域を超えた愛情がなかなか聖女さまに通じてなかったのはもどかしくもあったが、最後はちゃんと結ばれたので一安心。

    ただ聖女(アイドル)を引退しても、彼女は歌うのはやめることはなさそう。
    というか周囲が許さないと思う。
    彼女が真の意味で引退するのはまだまだ先のような気がする。
    何しろ新婚旅行もライブツアーだし。
    これは大変そうだ。

    将軍視点の番外編もあり。
    狼のエピソードはほのぼのでよかったと思う。
    (寧ろ恋愛的伏線になる話じゃなかったことの方に驚いた)

  • 面白かった!けど惜しい!ピークは皇帝の子供達が魔の国に行く交渉が成功した所だった。もっと物販の様子とかグッズ展開の話も書いて欲しかったし、街でのリサイタルの話も読みたかった。ソフィア本人にも自身の人気を自覚して欲しかったし、グラウとのイチャイチャも少ないよ!続きが出るなら、是非ともそこん所よろしく!あと地の国との交流もあれば。

全3件中 1 - 3件を表示

秋月忍の作品

ツイートする
×