地縛少年 花子くん(15) (Gファンタジーコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.44
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 221
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757572249

作品紹介・あらすじ

彼岸と此岸を分かつ、断絶。
寧々の親友・葵は彼岸に囚われてしまった。しかし、余命短い寧々を案じる花子くんにとってそれは好都合。生贄の巫が捧げられたことにより、その“瞬間”は刻一刻と迫っていた…。学園七不思議怪異譚、別れを告げる第15巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    彼岸と此岸を分かつ、断絶。
    寧々の親友・葵は彼岸に囚われてしまった。しかし、余命短い寧々を案じる花子くんにとってそれは好都合。生贄の巫が捧げられたことにより、その“瞬間”は刻一刻と迫っていた…。学園七不思議怪異譚、別れを告げる第15巻!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • "「先輩はもう一度花子に会ったら どうするつもりですか?
    …どうしたいですか?
    オレ…宿泊学習の夜に ある人から…教えてもらったことがあって」
    「教えてもらったことって…?」
    「ヒトが 怪異になる方法」"[p.102]

    表紙絵、特装版の方は花子くんも居て、2人も笑ってるんですよね……。

    うるっときてたのに米酢玄米で笑ってしまった。源先輩顔が良いのに服のセンスが最悪でそれも笑う。
    光くん割と普通に出迎えてくれたな……と思ってた矢先の73話後半がやばい。
    三葉周りで泣いちゃったところで、また波乱な展開。
    続きが怖い、寧々ちゃんも光くんも更に言えば茜くんも、大切な人のためにふらっと道を踏み外してしまいそうで。でもって夏彦先輩はなんでそんな方法を知ってたのか……。

  • この物語の裏で、アオちゃんはどんな所に居て何を考えているんだろう…と思う。迎えに行けると良いね。
    カラーのイラストが好き。テーマ色の統一感がありながも、それぞれの色が引き立てられてる(?)感じがとても好き。

  • 彼岸と此岸を分かつ、断絶。
    寧々の親友・葵は彼岸に囚われてしまった。しかし、余命短い寧々を案じる花子くんにとってそれは好都合。生贄の巫が捧げられたことにより、その“瞬間”は刻一刻と迫っていた…。学園七不思議怪異譚、別れを告げる第15巻!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

あいだいろ
漫画家。『地縛少年花子くん』を『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)で連載。

あいだいろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×