ゆうべはお楽しみでしたね(8) (ヤングガンガンコミックス)

  • スクウェア・エニックス
3.92
  • (6)
  • (11)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 138
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757573314

作品紹介・あらすじ

超大型アプデも、君となら大丈夫。
さつきたくみ(オタク男子)とおかもとみやこ(リア充女子)は、みやこが妊娠&大阪移住で、二人の子供を迎える準備を本格的に行っていく。さらに、二人きりの時にしかできない旅行や、どんな子供に育ってほしいかの想像など、DQⅩをしながら二人で楽しく生活しているが、ついにその時はやってくる……!!!! 『ドラゴンクエストⅩ』で知り合った男女のシェアハウスラブコメ最新刊!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 202106/パウさんゴローさんとてもいい夫婦!ゲームネタも面白いし、相手を思いやる気持ちや二人の成長変化もいい。

  • ものすごくよかった最高だった〜!!!
    わたしが妊娠出産経験したのもあるとは思うけど、パウさんがあまりにも自然に家事育児しててすごくすごく素敵だと思った。妊娠中からのわたしの旦那そっくりで。男性のこういう姿、当たり前になっていってほしいな。

  • この作者さん、同じ雑誌にラララと並行して連載していたんですね!あまり聞いたことがないような。どちらもいい夫婦だなあって思います。

  • そうそう!ヒューザはかっこいいんや…思い出したらドラクエ10復帰したくなったw そしてなんだか展開がちょーはやい!終わらんかったのでまだ楽しめていいけど!

  • とうとう子供が生まれた

  • 出産クエスト完遂巻。
    素晴らしかったです。

    ふと「これいいな」と再認識したことがありました。
    ふたりの間に、ドラクエを含む多様なコンテンツという「共通認識」があることです。
    当たり前の話ですが、人はそれぞれ価値観が異なり、ひとつの言葉取っても受ける印象が異なります(むしろ同じ印象を持つことのほうが稀です)。
    だから言葉を重ねてコミュニケーションをとる必要があるわけですが、互いの間に「共通認識」があれば、これはかなり解消されるのです。
    無論万能なものではないのですが、同じものが好きで、同じものを見てきた背景があると、その共通認識を介してコミュニケーションが取れるわけですね。
    普通、こういった共通認識は一緒に同じ時間同じ場所を過ごして得るものですが、コンテンツはその共通認識になる力があって、パウとゴローさんは「ふたりで過ごした日々」と「コンテンツ」のふたつの共通認識を介してコミュニケーションをとれる。
    まぁ物語の軸とは異なる視点での話ではあるのですが、本巻を読んでそんなことを思いました。

  • こんな素敵な夫婦、家族になりたいなって思わせてくれる、ほっこり巻でした!

  • なにはともあれよかった。
    ゴロさん無事出産おめでとう! パウさん、めっちゃいいダンナじゃん!
    世の中への賛歌と感謝に溢れた一冊。

  • #漫画 #コミック #ゆうべはお楽しみでしたね
    終わったと思ってたけど……終わってなかった?
    普通にストーリーが進んでいて嬉しい!そして、HPが常にオレンジはわかりみが深い……

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

『ジャングルはいつもハレのちグゥ』(「月刊少年ガンガン」掲載、第3回エニックス21世紀マンガ大賞準大賞受賞作)でデビュー。
代表作に『ジャングルはいつもハレのちグゥ』(スクウェア・エニックス)、『ライアー×ライアー』(講談社)など。現在『ゆうべはお楽しみでしたね』『ラララ』を「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)にて、『NとS』を「月刊デザート」(講談社)にて連載中。
青年誌から少女誌まで幅広く活躍。


「2021年 『NとS(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金田一蓮十郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×