悪役令嬢は溺愛ルートに入りました!?(2) (SQEXノベル)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757574113

作品紹介・あらすじ

ようこそ! 魅了の公爵家の晩餐会へ!!
乙女ゲームの悪役令嬢に転生したルチアーナ。断罪回避のため恋愛攻略対象には近づかない、と心に誓ったはずが、今度はいつの間にか『魅了』の魔術をかけられていて、兄のサフィア、筆頭公爵家のラカーシュとともに、王国で唯一『魅了』を行使できるウィステリア公爵家の晩餐会に参加することに。我が一族はできる限りの手段でもって、あなたの魅了の解除に尽力することを約束する麗しいウィステリア家の三兄弟に囲まれ、全力で助力を申し出られるルチアーナ。さらに、ラカーシュも本気を出してきて……。ええと、なんだか大事になってきましたが、皆さんどうぞおかまいなく!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学園生活に戻るルチアーナだが、瞳に魅了印が現れる。
    サフィアは魅了の特殊魔術のウィステリア公爵家三兄弟を巻き込んで対応を図るが…。

    ルチアーナ視点と周りのギャップがとっても楽しい。
    一巻ではあまりにサフィアが胡散臭く不審感有りで読み進んでいたが、出来が良すぎていたんですね。サフィア最高です。

    巻末のルチアーナ以外の視点の書き下ろしうれしいです。

  • 無自覚で多くの人の気を惹いているルチアーナ。自分が悪役令嬢だと思っているからか、好意に全く気が付いていないのが楽しい。今回はサフィアとのやり取りが多くて楽しかった。兄妹でふざけ合っているのを見るとホッとできて。
    攻略対象と関りを持たないようにしようと考えていたはずなのに、どんどん出会ってしまっているルチアーナ。今後どうなっていくのか楽しみ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家。小説投稿サイト「小説家になろう」にて『悪役令嬢は溺愛ルートに入りました!?』を連載し、人気を博す。

十夜の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×