Deep Insanity NIRVANA(1) (ビッグガンガンコミックス)

  • スクウェア・エニックス
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757574403

作品紹介・あらすじ

豪華クリエイター陣と共にスクエニが贈るアニメ、ゲーム、マンガ、超巨弾連動プロジェクト始動!!!
ある日南極(なんきょく)大陸で発見された大穴アサイラム。時を同じくして、謎の昏睡病ランドルフ症候群が全世界へ蔓延(まんえん)する。昏睡病の原因がアサイラムにあると見た各国は調査隊を送り込むが、誰一人として無事では戻ってこなかった…。病への特殊耐性を持つ少年セルジュ・ソル、南極のなんでも屋ヒルデガルド・オルインピアーダ・山田(やまだ)は、意図せずその大穴へ挑む事になるが――!?昏睡病の原因はなんなのか? アサイラムには一体何があるのか?深く、漆黒の底まで潜れ――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漫画喫茶で読みました。

    奇病が蔓延した世界で、
    南極へ攫われた睡蓮を取り戻すためにロックホッパー商会に参加して拠点フォート・エドガーへ向かったり、
    巨大企業コンロンのジェームズから山田の因縁である大佐の生存確認要請を受けるまで。

    よくわからない病が蔓延して、
    人間が遺伝子の突然変異で異形化して襲ってきて、
    その原因が南極に開いた大穴の奥にありそうで、
    訳ありの少女がいて、
    その少女が攫われて、
    これまた訳ありのお姉さんと一緒に助けに行くという、
    他の漫画でよく見る設定のチャンポンな感じ。
    乳首券も発行されている(ただし隻腕)。

  •  ビッグガンガン掲載時から読んでいて、コミックス買いそびれてしまっていたと思っていたら、まだ出てなかったのか。
     1・2巻同時発売っぽいけど、月刊誌でここまで分量貯めるとなかなか時間がかかる。
     アニメ化ゲーム化に合わせて、序盤の復習を兼ねた作戦なのかもしれないが・・・。

     ストーリー解説を読むと、奇病の流行とその原因としての南極の大穴・・・という事になっているが、病気についてはそんなに詳細に語られている印象はなく、改めて読み返してもそんなに印象に残らない。

     この作品の軸足は、南極の大穴で未知の変異種・・・まぁモンスターね・・・との戦闘、およびそのナビ究明に乗っている気がする。
     南極に拠点を置くいくつかの集団が云々という要素もありつつ。


     大穴の状況を夢の中で観ることができる少女と、未知の言語に詳しい言語学者、アタッカーの女性。
     少女が南極の組織にさらわれたことから、学者君が追って南極に・・・と言った物語。
     大穴には、モンスターが徘徊し、その変異データが、地上の奇病解明のデータになるので賞金が・・・。
     そんな流れもあり、ゲームと相性よさそうだったんだけどなぁ。
     
     ゲーム化するみたいなんだけど、スマホゲームなのよね。
     基本無料のスマホゲームは、課金を促すためにゲーム性がめちゃくちゃになりがちで、個人的には全く期待できない。
     ゲーム機内で完結する、しっかり作り込んだアクションゲームにして欲しかった。
     今の時代それだと儲からないというのもわからなくもないが・・・。
     ゲーム会社の本という事もあり、ゲーム機の底力を見せつけるきっかけにするという手もあったのでは…とかいう事は、ビッグガンガンのアンケートに書いておこう。

全2件中 1 - 2件を表示

海法紀光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×