婚約破棄を狙って記憶喪失のフリをしたら、素っ気ない態度だった婚約者が「記憶を失う前の君は、俺にベタ惚れだった」という、とんでもない嘘をつき始めた1 (SQEXノベル)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.38
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757574632

作品紹介・あらすじ

婚約破棄するはずが、なぜか溺愛されてます!?俺は物心ついた時からずっと、君が好きだ。
子爵家令嬢のヴィオラの婚約者は、公爵家嫡男にして、その美貌から社交界でも絶大な人気を誇るフィリップ・ローレンソン。自分とは何もかもが釣り合わない上、寡黙な彼とのティータイムは気まずいばかり。そこでヴィオラは事故に遭ったのをきっかけに婚約破棄を狙って記憶喪失のフリをすることに。しかし突然フィリップが「君と俺は愛し合っていた」「二人きりの時には、フィルと呼んでくれていた」と訳のわからない嘘をついてきて!!? 愛が重い不器用貴公子と鈍感令嬢のすれ違いラブコメディ♪

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 無口で素っ気ない美形な公爵子息フィリップは、実は婚約者ヴィオラが大好きですれ違ってただけという落ち。

    なぜ続くの?

  • 婚約者のフィリップとの関係に悩むヴィオラ。事故を利用して婚約破棄しようとしたのに、予想もしなかった方向に進んでいってしまう2人の関係が楽しい。不器用すぎるフィリップと、フィリップは自分には勿体ないと思い込んでいるヴィオラ。そんな2人のすれ違いがもどかしかった。大きな嘘をついている2人がどうなるのか、その嘘が露見した時に2人の関係が変わるのか。そんなことを心配しつつも、少しずつ近づいていく2人の心の変化が感じられるのが嬉しくなった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家。2021年1月商業デビュー。溺愛メインの恋愛小説を執筆。

「2022年 『二度目の異世界、少年だった彼は年上騎士になり溺愛してくる 1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

琴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×