理不尽な理由で追放された王宮魔道師の私ですが、隣国の王子様とご一緒しています! ? (SQEXノベル)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757574649

作品紹介・あらすじ

国を守っていたのに追放!?それじゃ、幼なじみ(王子様)と一緒に幸せになります!凸凹天才コンビ、二人で大活躍!
王宮魔道師として、国と民を守って戦い続けるヒイナ。だが、平民出身の彼女は、理不尽な理由で追放されてしまう。「いつか、おれに仕えてくれよ」そう言って十年前にヒイナと約束を交わしたエヴァンは、探しても見つからず……なのに、追放された瞬間にエヴァンが現れ、隣国の王宮に招待されて!?平民なのに魔道師のヒイナ、隣国の王子で魔道の天才エヴァン。国も貴族もぶっ飛ばす! 二人の大活躍が始まる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白かったです◎
    メインの少年少女(18歳くらいでしょうか)が、10年前の約束を果たし再開した関係なので、相互信頼が最初から出来上がっています。
    96%くらい友情のような関係で、ラブにこじつけてくる鬱陶しさはほとんど感じず、ただチラリチラリと(主に周囲から)仄めかしがある…感じです。

    魔法とか騎士とか貴族とか出てくるライトノベルが読みたい時に、サラッと楽しめて良いと思います◎

  • すごい能力を持っているのに平民だからという理由だけで軽く見られるヒイナ。大変な状況だけど、ヒイナの目的はエヴァンとの再会だけだから、そこまで気にしていなさそう。むしろ周りの人の方が腹を立てているのが面白かった。王宮魔道師を辞めてエヴァンと再会してからのヒイナはとにかく楽しそう。多くの困難に立ち向かっているけれど、2人一緒なら、独りじゃないなら頑張れるんだな。と思えるのも嬉しかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2018年にアルファポリスにて「前世は剣帝。今生クズ王子」を投稿。公開直後から大きな反響を呼び、同作で出版デビューを果たす。ペンネームの由来は、自分の声域がアルトであることから。

「2022年 『前世は剣帝。今生クズ王子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルトの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×