おじさまと猫(8) (ガンガンコミックス pixiv)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.17
  • (11)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 144
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757574656

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 厳しめの意見だけど…


    娘がいるのは前から書かれてたのでわかってたけど、息子もいたのは唐突だった。
    娘が自分の好きなことをするためにおじさまと住んでなかった。それも予想外だった。
    何かおじさまとあったから、出て行ってたと思ってたけど自由に生きてたんだね。

    こうなってくると、初期からのおじさまの寂しさとかが薄れてくる感じがする。
    子供もいるし、何らかの問題があって子供達と離れてたわけでもない。
    息子もおじさまのことを利用するやつは許さんという調子。

    今までの流れとこれまでのイメージにギャップが出てしまった。
    これからどういうふうに展開するんだろう?


    ゲーム化するそう。
    絵本は随分前から注文してるが、なかなか出来上がらないし、作者はかなり忙しいのではないのだろうか?

  • いつも楽しく拝見しています

    今後の展開がすごく楽しみです

  • 可愛いふくまる。
    新展開。

  • えええっ。
    おじさまに子供?!しかも2人も?!
    勝手に奥様と2人で生きてきたのかと思い込んでた。
    空子のキャラのユニークさが好き。
    星鳴くんのあの性格、神田冬樹の息子だねーw
    こじらせちゃって。
    でも、そんな心もおじさま大好き故にその家族も大好きなふくまるがこじあけるw
    森山せんせいも最高だわ。
    そして、最後のあの台詞を引き出しちゃうとか、ほんっと素敵すぎる。
    で、盛り上がったところで次巻に続くとは殺生な。
    早く続きを読ませて!

  • もうすっかりおじさまが愉快な人に…。

    物静かなイケおじ、のはずが、周辺を囲む人々が予想以上に濃過ぎて、面白おかしいトラブル(と言うほどひどくはないけど)メーカーになってる感。
    …人づきあいに臆病だったから、奇異の目で見られずに済んでただけなんだろうなぁ。
    本質的に人たらしだし、どうしたって目立つ人なんだろう。

    集合写真がとても優しくて良。

  • おじさまとふくまるだけで良かった話が、急に現れた娘と息子に荒らされただけだった。この先、家族の絆が深くなり一件落着へと進むのだろうが、面白さは減っていくような気がする。

  • 9/10▶️9/12

全7件中 1 - 7件を表示

桜井海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×