「わたしの幸せな結婚」(3)小冊子付き特装版 (ガンガンコミックスONLINE)

  • スクウェア・エニックス
4.61
  • (14)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 312
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757574977

作品紹介・あらすじ

わたしの幸せな結婚3巻 描き下ろし漫画・イラスト・小説を多数収録した小冊子付き特装版

大人気「わたしの幸せな結婚」コミックス3巻に小冊子付き特装版が同時発売決定。
この小冊子でしか読めない、高坂りと先生描き下ろし漫画・イラストや、顎木あくみ先生描き下ろし短編小説などを多数収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 話が広がっていってるなぁ…まだ一波乱どころではなく待ち受けていそうです。
    陰謀とか闘争とかそういったものを求めて読み始めた話ではないので、ただひたすらにハッピーエンドであることを祈るばかりです。
    (年齢重ねて、山あり谷ありを物語世界で疑似体験するのも時々しんどいと感じます。心の冒険耐性というか精神的体力というか、そういうものがもたなくなってるのかなぁ)

    義妹の香耶も哀れな娘だと気づかされます。彼女を取り巻く現状を、それこそが普通だと信じて生きてきたのでしょう。年齢がいくつなのか語られませんが、この環境で生まれ育ったこと自体に彼女の落ち度はないでしょう。それでも、親の教育や意識を理由にできるのは子供としての限られた時期のみで、長じればいつか必ず一個の人間としての責任を問われるものです。彼女はそれを受け止められるのか…そう同情も湧きますが、それこそ彼女の負うべき荷であって、読者はもちろんのこと登場人物の誰にも肩代わりはできないのです。

    清霞さんの毅然とした姿勢がひとを惹きつけるのは、負うべき責を自身で負う自覚の潔さもあるでしょう。美世も、その自覚を獲得する途上にあるのは、彼女の教育を受けたいと自発的に願ったことに顕れています。

    婚約が正式に成立して、いつ婚儀を迎えるのか、楽しみにしつつ、いまははらはらしながら見守っていきたいと思います。
    『わたしの幸せな結婚』と結婚に焦点を当てたタイトルの物語ですが、そこに至るまでの道のりが結末を導くのだと、信じています。途中にどんな難局があろうとも、最後はきっとハッピーエンドと信じたい。

    特装版付属の小冊子、とても美麗でした。
    ただ私、あまり図画から情報を取り込むのが得意ではないので、登場人物がそろそろ把握しづらくなっています…花金鳳花と躑躅がいまいち誰かわからん…。
    あ、「初めての洋菓子」はたいそうよかったです。甘くてほろ酔いになるほどに堪能しました。美世さんも可愛いけど、旦那さまが可愛くてにやけましたすみません。あとで雷に撃たれてきます…。

  • 小説よりもコミックの方が糖度が高く感じます。
    特装版を買えて大満足。
    小冊子についているちょっとしたエピソード、小説、コミックともニヤニヤ楽しめました。
    そろそろハピエンしてほしいところですが、小説版はまだまだ続いているから次巻で完結は無理かなあ。

  • 物語が、大きく動きました。
    事件解決後の婚約。書類だけというのが「らしかった」ですね。
    そして、後半の新キャララッシュと新展開。ノベルも読んでいますが、漫画でどう表現されるか楽しみです。
    内容が自分好みだったので繰り返し読む事になりそう。
    この作品のファンの方は、是非特装版でどうぞ。

    単行本以外の読み切り短編、読み切り漫画もありますよ。

  • 来年の春に、映画化されるみたいですね。
    SnowManの目黒くんが、久堂さまの役をされるみたいです。
    SnowManの目黒くんのファンの方が、喜んでいて、騒いでいたのもあり。現在、自身の持っている漫画本を貸してますよ(*^^*)
    2巻と3 巻と、特装版を買いましたが、イラストが毎回楽しみで♡♡♡
    今回のも、凄くよかった♡♡♡

  • 今回も非常に美しい絵柄と細やかな心情描写できゅんとしながら読み終えました。本編は言うまでもないのですが、特装版限定の書き下ろしやイラスト集が本当に素晴らしい。今までつらかった分、早く美世の幸せな結末を見たいな~。

  • 二巻では続きの気になる終わり方だったので、漫画派としては一年ジリジリとした気分で待っていました、、、!2人の温厚な掛け合いにほっこりしたり、周りの環境の変化にハラハラするボリュームのある三巻でした!!まだまだ波乱がありそうなので、次巻も楽しみです。特装版限定の小冊子もとても良かったです!とにかく2人は末長く幸せになってくれと願うばかりです、、、

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

長野県在住。小説投稿サイトにて作品を発表し、2019年、『わたしの幸せな結婚』で作家デビュー。

顎木あくみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×