わたしの幸せな結婚(3) (ガンガンコミックスONLINE)

  • スクウェア・エニックス
4.18
  • (19)
  • (22)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 599
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757574991

作品紹介・あらすじ

ずっとこの人と共に歩んでいく…。
異能を持たず生まれ、誰からも必要とされなかった斎森美世は、冷酷無慈悲と噂される、同じ異能の家系の久堂家に嫁がされる。しかし、贅沢からは程遠い、名家の令嬢らしからぬ美世の様子に、当主の久堂清霞は興味を惹かれ、やがて美世を大切に想うようになる。しかし、そんな美世に嫉妬した斎森家の異母妹・香耶は、美世をさらって蔵に閉じ込め、狂気に満ちた瞳で告げる。「久堂さまとの婚約を解消して、婚約者と取り換えましょう?」清霞は美世のため、異能の力を使い救出に向かうが…。初めて知る、愛されることの幸せ。奇跡のシンデレラストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前ネット上で公開されていた携帯小説版を読んだことがあり(今は削除されているようです)、ストーリーは知っていたのですが、漫画版の広告が出ており面白そうだな、と思ったので3巻まで購入。

    小説の内容から変更はないようでしたが、小説のイメージそのままのイラストだったので幻滅せずに読めたのはよかったです。
    でも次巻以降も小説と同じ内容なら漫画版の購入は見送りたいと思いました。
    小説を読んだことがなかったら楽しめたかも。

  • 斎森編、完結かな。
    なんとか美世を取り戻すことが出来た。辛いことばかりの日々ならば心が防衛するものだけど、温かい日々や一緒にいたい人達ができると、人は失いたくないと願い、弱くもなるけど、強くもなる。

    救出に来た清霞の冷静なマジ切れぶりにもおののくが、最後の最後に幸次も救われて前に向けて良かった。

    そんなシリアスが続く中、美世はどんどん綺麗にもなり、前向きにもなり、自分のしたいことの主張もできるようになってきた。
    それが本当に可憐で可愛くて慎ましくて愛おしい。応援したくてたまらなくなる。
    それは清霞も同じだろうけど、いかんせん結構過保護だ、この男。仕方ない部分もあるけど(笑)

    晴れて二人の生活になり、美形な清霞に見とれて真っ赤になる美世の可愛さもたまらない。それを楽しむ余裕もでてきた清霞も同じくらい可愛いが。

    そんな清霞は二度ほど「げんなり」とする表情を表にだすのだがそれが本当に可愛い(笑)ある人の前でその表情はダメじゃないか?よほどげんなりなんだろうけど。取り繕えないところがまた(笑)

    美世が安定して明るくなるのが嬉しい半面、水面下のどろどろした闇の部分の思惑がこれからどうなるのかわからなくて不安。
    もう美世が泣いたり苦しんだりしないように願うばかり。

  • 第十五話 譲れないもの
    第十六話 初めての抵抗
    第十七話 婚約
    第十八話 旦那さまとの新しい生活
    第十九話 お義姉さんと呼んで
    第二十話 謁見
    書き下ろし小説 雨

  • いやぁ、どいつもこいつも下衆ばかりと思ってましたがー。

    不思議と旦那様周辺は真っ当と言うかいいヤツばかりで安心……いや、裏で何かあるんじゃ…(疑心暗鬼)。

    いずれにせよ、結婚してハッピーエンドとはならず、何やら不穏な気配があるのが何とも落ち着きません。
    ふつーに花嫁教育やり直しのドタバタ展開でもいいんじゃないかなーって思うのですがー(作風違い過ぎる)。

    とりあえず、葉月様…嫁として出来過ぎだったんだろうなー。出なきゃ失敗する理由がない。

  • 異能が出てきたか?!次早く見たい

  • 異形の能力が・・・って話が1巻からでてたけど、
    (そもそもそれがないからって虐げられていたのもあるだろうし)
    その能力が実際あまり使われない話だなぁ・・って思っていたら
    ここにきて、めっちゃ出てきて、
    ようやくただの恋愛から、恋愛ファンタジーになりましたね。

    この話めっちゃ好きなので、小説に手をだすか、
    漫画を待つか・・・いつも悩むんだよなぁ~

  • いまとても売れているシリーズです。現代版、といっても明治?大正?ですが、落窪物語ですね。
    儚げなヒロインと細い線の描写がぴったり。
    これは編集のちからも大きいなぁ。

    2021/10/26 更新

  • 前回かなり気になる所で終わったので、今回はすっきり終わってよかった。幸せになって欲しい二人。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野県在住。小説投稿サイトにて作品を発表し、2019年、『わたしの幸せな結婚』で作家デビュー。

顎木あくみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×