裏世界ピクニック(7) (ガンガンコミックス)

  • スクウェア・エニックス
4.63
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757575257

作品紹介・あらすじ

ちょっと聞いてくれ。最近、「猫の忍者」に狙われている。
沖縄リゾートの裏側にある果ての浜辺、最後に立っていたのは<裏世界>で姿を消した鳥子のたった一人の大切な人、閏間冴月だった。そして、「猫の忍者」に狙われるカラテ使いの後輩女子、瀬戸茜理。3人は襲撃から逃げきることができるのか…!?原作者・宮澤伊織氏書き下ろしSSを特別収録!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 空魚、重いわぁ…。

    …って言いたいとこなんですが、正直(惚れた)相手が悪いというか、鳥子が悪い女過ぎるんですよねぇ。惚れさせ力が強過ぎる。それでいて本人は他の女にご執心ってんだから…そりゃぁ「共犯者でも良い」ってなります。
    物語が空魚の視点で語られているので、どうしたって私の視点・考え方も空魚のものになってしまい…えぇい、どこかのノベルゲームみたいに視点(主人公)変更システムがあればいいのに。
    この裏世界の存在並みにわけわからん美少女の内心知りたいわー。

    と言いつつ、個人的には空魚自身が好きではあるのです。
    この色々拗らせまくったコミュ障具合が凄く共感できるし、優しくありたいのに踏み出せない。理屈を優先させてしまい動けない。小桜さん達に話をしてる時点で気になってるのは確かなのに。
    あぁ、ホントにめんどくさい子だなぁ!!(いいぞもっとやれ、と)。

    さて。今回も裏世界は恐ろしい。
    生理的嫌悪をもたらすような恐怖の飽和攻撃かと思えば物理的ホラーも。…よくもまぁ、毎度毎度恐怖ネタを思いつく…。
    とはいえ、見た目が可愛い分、猫の忍者の方がはるかにマシですね。南洋式投げナイフ、マジ怖い(どっちだよ)。

    とりあえず、空手万能過ぎて酷い。
    ノーカラテ、ノー猫のニンジャ。

  •  最初にあった時、鳥子に言われた「共犯者ってこの世でも最も親密な関係」って言葉をずっと気にしてる空魚が良かったです。

  • 茜理登場回。相変わらず画力が高くて原作の魅力が最大限に引き出されている感じがする。
    空魚が鳥子にことあるごとにわあきれしてるのもよかった。

  • A.これはアライグマです

  • ■書名

    書名:裏世界ピクニック(7)
    著者:宮澤伊織 (著), 水野英多 (著), shirakaba (著)

    ■感想

    待ってました。7巻。
    沖縄からの基幹と、猫忍者編です。

    絵が綺麗で好みなので、読みやすいし、内容も面白いです。
    敵はなかなか、怖い・・・・・
    新しい登場人物のアカリも出てきましたね。
    このキャラは肉体派なので、今後も需要がありそうで楽しみです。

    謎が全然解明されないまま、色々なネットの都市伝説をもとに
    色々な現象が起きていきます。

    ウルマサツキが少しずつ登場し始めますが、この人がラスボスなのか
    救世主なのかどうなるのか、今後も楽しみです。

    ネットロアに詳しくないのでどういうものがあるか分かりませんが
    今後も楽しみにしています。

    アニメも見ていたので、続きやってくれないかな~

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

小説家。代表作に『裏世界ピクニック』(ハヤカワ文庫JA)、『そいねドリーマー』(早川書房)など

「2019年 『迷宮キングダム 特殊部隊SASのおっさんの異世界ダンジョンサバイバルマニュアル!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮澤伊織の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×