その着せ替え人形は恋をする(10) (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.29
  • (41)
  • (34)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 958
感想 : 15
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784757581012

作品紹介・あらすじ

ジュジュさまっ♡ いきなり電話してすみませんっ♡
コスプレイベントで関わった“先輩たち”と再び”合わせ“をする事になった海夢(まりん)と新菜(わか・な)。その作品はホラーゲーム『棺』。”合わせ“に必要な人数を集めるために海夢(まりん)が誘ったのは、まさかのあの人…!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジュジュ様、しんじゅちゃん再登場!!やはりこの姉妹は可愛い( *´꒳`* )♡涼香さんと都さんも良きです♡
    あと、ごじょーくんが可愛いのは定期なんだけど、『あーもー、マジでやだ!!病んでると弱くなってほんと駄目!!』なまりんちゃんの凄みの効いた「うるせんだよ」サイコーでございました(о'ڡ'о)

  • 今回の作中作・ホラゲ「棺」、めちゃめちゃ好み…!!不穏なホラーゲーム好き。シスターいいよね!!不穏×シスターとか王道感あるけど最高。すき。主人公がいちばんおかしい、ってエンドのノベルゲーいいね。
    喜多川さんの恋が本格的に動き出した感。

  • 記録

  • 笑えた!
    着せ替え人形の恋が本格的に動きだす。

  • 作中作が毎回面白そうで好き。今回の『棺』も面白そうだし、烈!!もずっと面白そうだと思っているので何度も出てくれて嬉しい。

  • ■書名

    書名:その着せ替え人形は恋をする(10)
    著者:福田晋一 (著)

    ■感想

    やっと発売されました。
    楽しみにしていた。
    本作では、前、中、後と上手く構成が分かれています。

    前半は、乾姉妹(特にシンジュちゃん)がメインですね。
    内気な性格だけど、自分が好きな事に対してだけ、好き>内気
    となっている場面描写が、オタクの気質をよく表していると思います。
    ミヤコさん含め、3人の新キャラも非常に特徴的であり、それでいて
    嫌味が無い感じでとてもいいです。
    アキラさんの過去やマリンに対する態度の原因は、次に持ち越しですかね。
    でも、五条君の態度を見る限り、深刻な話ではなさそう。
    もしも、深刻な話の場合、五条君がマリン、アキラの両方とその後も普通
    に接するって無理な性格だと思うし。

    ジュジュ様の妹思いな面もよいですね。
    代表的なツンデレキャラですが、嫌味があまりないのがいい。

    しかし、全員コミュ力高いな・・・

    中盤は、マリンちゃんの恋愛編です。
    今までも恋愛描写はあったけど、恋愛も先に進みそう。
    マリンは初恋なのかな?
    上手くいくのは分かっていますが、性格がいい同志、幸せになって
    ほしいものです。

    後半は、五条とアキラの道具作り編。
    五条君が新しい趣味に目覚める描写がありますね。
    本作は恋愛が成就したら終わりかな?と思ったけど、今の段階でこの
    エピソードが来るという事は、高校卒業ぐらいまでは続けるのかな?
    学校関係のエピソードもまだまだありそうだし。

    次は、いよいよ棺合わせ編ですね。

    ジュジュ様とシンジュちゃんの暴走や成長がもう少し見れるのは楽しみ。
    次の楽しみにしています。

  • お泊りイベント回と、様々なキャラがそれぞれドラマを繰り広げている巻。
    ラブコメ要素も(コスプレの)職人要素も、濃い目に感じた巻でもありました。
    あと、サプライズを一刀両断するジュジュ様が素敵。

    お泊りイベントは、互いに変なスイッチの入ったごじょーくんとまりんが面白い。
    まりんが貸した服が完全に公序良俗に反していて、ウケますw
    告白を決意するまりんですが、ラブコメの「○○が終わったら告白する!」は、(特にゼロ年代なら)何かイベントが起きて機会を逃すパターンのやつですよね。
    特に今は登場人物が増えて、アキラがいるし、ジュジュもいるし、心寿もいるし、もう何でも起こりそうなんですよね。
    本作は1対1ラブコメを突き進むと思うので、ドロドロ系になる不安はないのですが、ここで次のステップに進めるのか寸止めに終わるのか、気になるところです。

  • 五条くんは何の裏表もないのに言動がいちいちまりんにクリティカルヒットという。心配しなくても五条くんは二つ返事で告白に答えてくれるか、盛大に狼狽えつつも告白に答えてくれるかのどちらかだろうけれど、まりんも初告白なので怖がる気持ちもわかる。で、このタイミングでジュジュ様が再登場したわけですが、4巻のあのシーンのことを考えると、合わせが終わった後の告白で一波乱起きそうな予感

  • 今回の目玉は絶対にお泊まりシーン。アンジャッシュのように会話が噛み合ってなくてまりんちゃんがヤる流れと勘違いして緊張してるのがほんとに可愛かった。そこ後はちゃんとごじょうくんへの想いも自らで思案してて微笑ましい。好きだわ〜

  • 本編が面白い
    いろんなキャラクタの感情を
    描いてくれるのが面白い
    そして、おまけの漫画も面白い
    アニメのおかげで出会えた作品

    本編にはあまり登場しない
    父だけど
    父娘だけのこう言う時間があったんだよね
    何よりこんな小さい時代があったからこそ
    今まで繋がっている
    本編のネタを受けているのが
    その場面がおまけから思い出されて好きです。

全15件中 1 - 10件を表示

福田晋一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×