中世楽書の基礎的研究 (研究叢書)

著者 :
  • 和泉書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757608245

作品紹介・あらすじ

日本音楽史上の重要史料『教訓抄』『続教訓鈔』『春日楽書』ほか
中世成立楽書の基礎研究と翻刻を収録
『教訓抄』は古写本をはじめて網羅的に調査し、近世の写本との相違点を考察。今後は古写本によって研究されるべきことを提唱する。『続教訓鈔』は曼殊院本と日本古典全集本とを比較検討して古典全集本中の混入記事を明らかにする。また春日大社伝来の楽書(通称『春日楽書』)から、狛氏相伝の秘曲「陵王荒序」相伝の歴史を紐解く。日本音楽史はもとより文学、宗教などの隣接諸分野に豊かな成果。

プロフィール

二松学舎大学大学院博士後期課程修了。
博士(文学)。
専攻は、中世文学、説話文学、日本音楽史。
現在、二松学舎大学文学部非常勤講師。
単著 『山鹿文庫本発心集―影印と翻刻、付解題―』新典社、2016年6月。
最新論文 「狛近真の陵王荒序相伝―荒序秘曲化の時期と背景の再検討に向けて―」、「藝能史研究」214号、藝能史研究会、2016年7月。

神田邦彦の作品

中世楽書の基礎的研究 (研究叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする