節用集と近世出版 (研究叢書)

著者 :
  • 和泉書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757608269

作品紹介・あらすじ

室町中期に成立した国語辞書「節用集」は江戸時代には約六百本も出版された。本書では、近世節用集の全版権問題の検討を示し特徴的な事例を詳述。出版史を基盤とした近世節用集の基礎研究、待望の刊行。刊行年表付。

プロフィール

一九六○年生 岐阜大学教育学部教授
東北大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
著書・論文 『近世初期節用集の研究』(科研費報告書、2010)、「寿閑本節用集の意義」『日本語の研究』4ー1(2008)、「易林本『節用集』平井版研究の基本課題」『古典語研究の焦点』(武蔵野書院、2010)

節用集と近世出版 (研究叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする