エマ (2) (Beam comix)

著者 :
  • エンターブレイン
3.78
  • (177)
  • (126)
  • (310)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1511
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757713123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 急接近の後、引き離される身分、時間のすれ違いが非常に歯がゆい。エレノアもいい娘だから苦しい。

  • クリスタルパレスでのお泊り回、よかったなぁー
    第10話は、ちょっと唐突にやって来て、じんわりじんわり、エマと一緒に寂しくなっていく。ダグさんがいてくれてよかった。
    ウミガメのスープ!本物のウミガメが手に入らなかったときの代替品があるって、何かで読んだことがあるー!
    このままどうなっちゃうの?!っていう終わり方…

  • 話が一挙に進みます。
    デートで雰囲気が良くなったところに、ケリーさんの死が出てきて波が荒れてきて、エマの過去が明らかになります。

    そしてエマは遠くへ……なんかあっさりもう終わりのような気がしないでもないんですが。
    まあ、この段階で終わりってのはバカらしいんで、何かあるんでしょうね。逆にそれが楽しみです。

  • 【あらすじ】
    惹かれ合うウィリアムとエマだったが、身分違いゆえ自由な恋愛は許されなかった。ふたりの気持ち以上にその障害は大きく、周囲の理解が得られず、エマは……ブリティッシュロマンスは激動の展開を迎える!

    【感想】

  • アニメでじっくり描かれてた部分が、コミックで2冊でほぼ描写されてしまった印象でコミックの方は思ったよりあっさりしているように感じました。アニメのストーリーはこの内容にさらに手を加えて改良してあるんだな~と思いました。

  • ケリーさん・・・

    エマが暖炉の前で泣いてるのがたまらなかった。
    いつも我慢して踏ん張って生きてる子が
    流す涙は尊いなぁ。
    そんな自分は涙腺が弱過ぎると思う。
    ハキムええ奴。

  • ストーリーも綺麗で絵もすごく細くて、ワクワクしながらページをめくれるお話ですね♪ 今回はエマがメイド服以外のお洋服もいくつか着ていたりして、このお洋服かわいいなー・・・と思いながら読んでました。 階級の違いによって恋愛面がうまくいかないこのモヤモヤも次が楽しみな証拠だと思います♪

  • なんとも言えず雰囲気のある漫画。絵の細かさも素敵だし、物語の流れもゆったりとしていて好き。

  • 階級社会は厳しい。
    しかし、これが現代まで続いているのだから階級制も悪くないのかも・・

  • 全巻読んで。2巻の空っぽの駅、3巻の満月、4巻のやけ酒、婚約パーティーの再会には悶える。この巻から涙が止まらなかった。

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

* 同名著者複数

1.漫画家
森薫(もり かおる)
1978年東京都出身の漫画家、同人作家。代表作に2005年第9回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、テレビアニメ化された『エマ』、マンガ大賞2014では大賞を受賞した『乙嫁語り』。

2.カウンセラー
森薫(もり かおる)
1950年佐賀県に生まれる。中央大学卒業後、2007年まで東京都内の中学校において、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持ち、熱心な生徒指導で保護者からも信頼を集める。2007年にはkTC総合教育研究所所長となる。元屋久島おおぞら高校副校長。2012年、一般社団法人家族支援メンタルサポート協会を設立、理事長に就任。
現在は学びリンク総研所長・家族支援メンタルサポート協会理事長。専門分野は、家族カウンセリング・非行問題・子育て支援・発達障害・不登校問題等多岐にわたり、年間百回以上の講演を行うなど、全国を駆け回っている。

エマ (2) (Beam comix)のその他の作品

エマ 2巻 (HARTA COMIX) Kindle版 エマ 2巻 (HARTA COMIX) 森薫

森薫の作品

エマ (2) (Beam comix)を本棚に登録しているひと

ツイートする