echo―夜、踊る羊たち (ファミ通文庫)

著者 :
  • エンターブレイン
3.38
  • (4)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 41
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757720008

作品紹介・あらすじ

二年前、沢渡直樹は事故で家族を失った。今はフリーターとして、レンタルビデオ店でバイトをしながら毎日を無気力に生きている。悲しみの想い出、その夢から目覚めた朝-。枕元には直樹を呼ぶ少女の貌があった。清水を梳いたような銀の髪。白く澄んだ肌。切れ長の瞼の奥に、鮮やかな紅を湛えた円い瞳。何だろう、ぼんやりした頭で直樹は妹の名を呼ぶ。「-灯雪」今日も直樹と灯雪の兄妹の一日が始まる-。新鋭が放つ、ミステリアス・ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サスペンスとかミステリーっぽい感じ。
    主人公サイドと犯人サイドの切り替わりが面白くて、さくさく読めました。
    でも、ラストに謎というか疑問が多すぎてイマイチ残念。

  • 未読

  • 「しかしそれにしても──随分と趣味の悪い姿をしているね、お前は」

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

2002年にPCゲーム『Wind -a breath of heart-』のノベライズで富士見ファンタジア文庫よりデビュー。代表作は「銀月のソルトレージュ」(富士見ファンタジア文庫/全5巻)。近年は、PSPソフト『サモンナイト5』(2013年)のシナリオを担当するなど、多方面で活躍。

「2021年 『終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#11』 で使われていた紹介文から引用しています。」

枯野瑛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
紅玉 いづき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×