”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : 竹岡 美穂 
  • エンターブレイン
3.77
  • (269)
  • (270)
  • (448)
  • (22)
  • (3)
本棚登録 : 2511
レビュー : 231
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757729155

作品紹介・あらすじ

文芸部部長・天野遠子。物語を食べちゃうくらい愛しているこの自称"文学少女"に、後輩の井上心葉は振り回されっぱなしの毎日を送っている。そんなある日、文芸部の「恋の相談ポスト」に「憎い」「幽霊が」という文字や、謎の数字を書き連ねた紙片が投げ込まれる。文芸部への挑戦だわ!と、心葉を巻き込み調査をはじめる遠子だが、見つけた"犯人"は「わたし、もう死んでるの」と笑う少女で-!?コメディ風味のビターテイスト学園ミステリー、第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初読んだときはなかなか蛍の心情が分からない部分が多かったけど、今は前よりもわかる気がします。

    やっぱり章の始めにあるモノローグがいいですね。作品のミステリアス感をぐっと上げているようです。

  • 『嵐が丘』も、エミリー=ブロンテも知らなかったけれど、好きだった『人間失格』を題材にした前作よりも入り込めたし、へこんだ。悲しすぎたってのが大きいだろうけれど。

    ウェディング姿の雨宮蛍と蒼(黒崎保)の挿し絵は、すごく綺麗で滅茶苦茶いい絵なんだけど、悲しすぎた。こんな絵はなければいいのにって思ってしまうぐらいに。

    ここ最近で読んだ本で、一番悲しかった。

    「林檎をワインとレモンと蜂蜜で煮込んで、冷たく冷やした、コンポートみたい……とっても……甘くて、美味しいわ」

    ああ、甘かったのか……って思った。

  • 文芸部の相談ポストに意味深な暗号文が届けられ、怪現象が発生し、それを調査していく話。
    基本的に救いのないドロドロしたものだけど、最後の「お父さん」という言葉と真実は黒崎にとっては永遠の呪いとして残り続けるのだろうな。
    今回は「嵐ヶ丘」という作品がベース。
    読んだことはなし。

  • 「嵐が丘」をモチーフとした作品。

    呪いの言葉が書かれた手紙を受け取った遠子先輩。差出人を捕らえる為、心葉を道連れにポストを見張る。
    そこで出逢った九条夏夜乃は既に死んでいる存在で。
    しかし、彼女にそっくりな雨宮蛍が存在していて。

    遠子先輩の従兄弟である櫻井流人。
    彼は蛍に惚れかけていた。

    心葉は流人と夏夜乃について調べ、遠子先輩は心葉のクラスメイトである琴吹ななせと夏夜乃について調べ始める。

    夏夜乃と蛍の関係。そして、蒼の正体。
    流人の想いが真っ直ぐで心が痛かった。
    これは蛍の物語ではなく、流人の恋物語だと思う。

    「嵐が丘」読みたくなった。

  • あなたのことを愛している、それだけは真実。

    文芸部のポストに呪いの手紙? 遠子先輩には付き合っていられないと、捜査に非協力的だった心葉も、九条夏夜乃という別人の名を名乗る雨宮蛍に出会ってから、次第にこの事件に深くかかわり始めて――。

    モチーフの話を『オペラ座の怪人』だと思いながら読んでいて、途中で違うと気づいた。昔一回読んだことがあるのに、忘れていたおめでたい頭。心葉くんの過去も徐々に匂わせていく。心葉くんは消極的な態度なのに、どんどんこの事件に巻き込まれていく。遠子先輩の「弟」櫻井流人も登場。

    元ネタもといモチーフは『嵐が丘』で、現代日本の話と考えると現実的ではない気もする。『嵐が丘』を読んだことのない人には、あまりピンとこないかもしれないし、読んだことがあって、その物語の威力を知っている人にとっては、ちょっと物足りないかも。私は後者。

  • 前回ほどのうまさが感じられなかった/ 書くのしんどそうだなと/ 麻貴先輩のキャラクタ造形が邪魔/ 美人で金持ちで権力者で、とか物語上では害悪でしかない/ 

  • 「文学+ラノベ」の第2巻。著者があとがきで「難産だった」と言っていた感じが何となくわかる、重めの進行+展開に、悩みが透けて見えるような本でした。
    古典文学作品を題材にすると、どうしても暗めの展開になっちゃうのでしょうか。シリーズモノの2巻や3巻って、キャラの魅力を掘り下げるギャグパートのイメージがありましたが。まぁ人数少ないしなぁ。。

    今回の題材(予備知識として事前に知っておきました)を踏まえると、学園モノでドロドロした愛憎劇をどう扱うのか、と思っていましたが、その観点ではそうそう不自然なところは無かったように感じました。
    語り部役をどうするか、どうやって結論に導くか、あたりが難しいところだったと思うのですが、そこらへんは少し無理のある展開になってしまったんじゃないかと。どうにもゲストキャラの扱いが軽すぎやしないか。。

    まぁ、とは言えラノベ分の補給には十分でした。美人キャラとの距離感が想定線の動きで、実にラノベっぽい!

  • 相変わらず、表紙のイメージに反してエグい内容。
    これは確実に合わない人がいる話ですね。
    キーとなる某作品を読んでおいた方がより愉しめそうだけれど、多分、作品名を挙げるとネタバレになるんだろうなぁ。
    宣伝とか紹介が難しい本ですね。

  • なるほど、あとで「嵐が丘」が主題と知れば、全体の経緯も理解できるのだが、前作に比べて入り込めなかった感アリ

  • 【あらすじ】
    文芸部部長・天野遠子。物語を食べちゃうくらい愛しているこの自称“文学少女”に、後輩の井上心葉は振り回されっぱなしの毎日を送っている。そんなある日、文芸部の「恋の相談ポスト」に「憎い」「幽霊が」という文字や、謎の数字を書き連ねた紙片が投げ込まれる。文芸部への挑戦だわ!と、心葉を巻き込み調査をはじめる遠子だが、見つけた“犯人”は「わたし、もう死んでるの」と笑う少女で―!?コメディ風味のビターテイスト学園ミステリー、第2弾。

    【感想】

  • うーん、、ハマらなかった。下地に文学作品があるっていうのは、どうにも後付けというか、ある程度展開が決まっているところからスタートするから、苦しい気がする。モチーフが文学作品、っていう切り口は好きなんだけど、それを上手くまとめるのは難しいのかな…。
    前作は下地の作品をぼんやりと知っていたから、こういうことが言いたいんだろうな、と理解できる部分もあったけど、今回の「嵐が丘」は読んだことがなかったから、咀嚼しきれなかったのかもしれない。でもだいぶ複雑になってたと思う。人間関係やら感情やら。
    あと気になるのは遠子先輩の妖怪(?)設定。今のところ、普通の文学少女でもいいのでは、と思ってしまう。今回の幽霊騒ぎがぼやけてたような気がして気になった。そういう変わった存在もありな世界観なのかな、とか。

  • 不思議な作家さんである。伏線の張り方、物語の展開の仕方も、正直どうかと思うところもあるし、何よりオチが相当前の時点で完全に見えていたのは…。しかし、しかしである。本書は読ませる。そして、その読後感は放心、その一言しかない。それほど引き込ませるのだ。特にラスト60頁。E.ブロンテの「嵐が丘」をモチーフとしている点で、劇的・憎悪・哀惜、そして深愛をテーマとしており、それ自体心を鷲掴みにする素材なのは確か…。うーん、個人的な琴線に響いたのかもしれないが…。どうにも上手くまとめることができない。
    本作は、物語が書かれた本の紙片を食べる少女あやかしと、彼女が所属する文芸部の後輩部員で、心に抜き差しがたい疵を持つ少年(高校生)とが、謎を究明していく展開で進む。が、ミステリーとは違い謎解きを楽しむ作品ではなく、関係キャラクターが抱える心の闇に光が当たるもの。加えて、モチーフとなる文芸作品(今回は「嵐が丘」)を紹介していく趣きも内包した作品である。「文学少女」シリーズの第2弾。

  • 元小説家少女の現高校生の男の子心葉や小説を食べる先輩遠子が読み手として,蛍らの私生活に介入していく物語.エミリー・ブロンテ「嵐が丘」が当該物語の骨にされている.自然数仮名対応の暗号.ななせ→心葉.姫→遠子.蛍の父とは…?

  • 文学少女二冊目。

    作者が難産だったと書かれている通り、難産感がはんぱねぇ作品。どこら辺が難産なのか?と訊かれれば困るかもしれないが、ストーリーがぐちゃぐちゃしている部分とかは、苦しんだんだろうな。とか感じられる(名作はいくら複雑でもすんなりと筋が理解できる場合が多い)。

    頭の中でぐるぐると回してみても、つまらなかった。とは言えないんだけど、さりとて面白かったとも言えず。

    次巻をどうしても読みたくなる。とは言えないんだけど。

  • 一番好きなラノベのシリーズのひとつ。
    この暗さがいい←

  • 野村美月&竹岡美穂が2006年に発表した"文学少女"シリーズの第2巻です。文芸部の井上心葉と天野遠子を中心に学園で起こる事件や謎を(自ら首をつっこみ)解明していく学園ものです。、実在の文学作品をベースに、その作品内容にそくした事件が起こるのですが、2作目は、エミリー・ブロンテの"嵐が丘"でした。前巻につづいて重い内容の作品です。ある意味、本家もびっくりのドロドロとした愛憎劇が展開されています。後半のたたみかける怒涛の謎解きに驚き、ラストの文芸部での遠子先輩の行動が切なすぎます。ちょっと救いがなさすぎた。

  • 新キャラの”琉人”の第一印象のがすこぶる悪かったですw イケメンでチャラいナンパ男!なんだこいつは!
    って感じ。

    中盤に差し掛かる前には、今回の物語のメインの1人”黒崎”の正体と動機、雨宮さんに何をしてるのかも
    大体気付けたけど、よもやこんな結末とは・・・
    やるせない恋のお話でしたねぇ。

    中盤まで読んで、この話の流れがある小説に準えている事まで気付いた女性は、
    文学少女と自称しても良いのではないでしょうかw

    それにしても、麻貴がこんな絡み方してたとは意外。 

    琴吹さんって、やっぱり心葉の事が
    好きだとしか思えないんだけど。
    ラストの感じからして正体にも気付いてそう。

    そして遠子はその琴吹さんの気持ちに気付いたんじゃないだろうか。

    数字の暗号は最後の方で謎解きされるまで、
    全然解読できなかった。

  • シリーズ第2弾。
    エミリ・ブロンテ「嵐が丘」をモチーフにした作品。
    飢え渇くような愛情、重かった。
    予想外の人物が暗躍していて、そちらのほうが驚きだった。
    (図書館)

  • エミリー=ブロンテの「嵐が丘」をモチーフに書かれた物語。
    暗くて悲しいお話でした。
    暗号が解読出来た時には、もう戻ることは出来ずなんとも言えない感情になります。

  • 表紙の見かけより、ずっとすごい作品でした。

全231件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

【野村美月(のむら・みづき)】
2001年『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回ファミ通エンタテインメント大賞(現・えんため大賞)小説部門〈最優秀賞〉を受賞しデビュー。2006年より刊行された、「文学少女」シリーズが大人気となる。その他のシリーズに、「ヒカルが地球にいたころ……」「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件」などがある。

「2016年 『晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)のその他の作品

野村美月の作品

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする