コーヒーもう一杯 III (3)

著者 :
  • エンターブレイン(角川GP)
3.77
  • (19)
  • (14)
  • (31)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 158
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757735019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 売る前準備として登録→売りました

  • 山川直人氏の『コーヒーもう一杯 III (2007)』を読了。今回は‥”朝顔日記”、”運命の人”、”路上の花”が心に沁みる。 それでいて、ときたま入る・・・ Coffee Breakもまた良い!!

  • 月刊コミックビームに2004年~2009年まで掲載された短編漫画が収録されたコミック全5巻。
    携帯電話やPCなどが出てくるのに、何故か昭和時代を彷彿とさせられる。どこか懐かしく温かな、甘く切ない作品集。タイトル通り、コーヒーが各作品を通して、重要なアイテムとして用いられている。
    作者である山川直人氏の描く絵は、素朴でホノボノとしたタッチ。背景などは細部まで綿密に描かれている。
    美味しいコーヒーを飲みながら、ゆっくりと何度も読み返したくなる漫画シリーズ。

    コミック各巻に挿まれているハガキ「読者アンケート」のイラストも、各巻ごとに異なるという気遣いは、嬉しい。

  • 幽霊の話と、運命の人の話が好き。

  • 3巻目。
     どれをよんでもほのぼのとしている漫画だ。
     絵がとてもていねいだ。
     

  • 個人的に1・2の方が好きです。
    それでも次回も気になる。

  • 2007年6月7日(木)読了。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1962年大阪生まれ、東京育ち。高校時代から同人誌活動を始め、同人誌即売会コミティア創立時にはスタッフとして関わる。88年『シリーズ間借り人』(「ヤングチャンピオン」連載)が漫画雑誌初掲載。著書に『口笛小曲集』『コーヒーもう一杯』『澄江堂主人』『シリーズ小さな喫茶店』(以上、KADOKAWA)、『写真屋カフカ』(小学館)、『日常の椅子菅原克己の風景』(ビレッジプレス)など。現在も同人誌、自主制作本の活動を続けている。

「2018年 『ハモニカ文庫と詩の漫画』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山川直人の作品

ツイートする