エマ 9巻 (BEAM COMIX)

著者 :
  • エンターブレイン
4.07
  • (179)
  • (102)
  • (143)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 1293
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757737266

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「歌の翼に乗せて」のお話好き。
    ドロテア奥様の若い頃可愛いー
    ハキムと坊ちゃんのちっちゃい頃のエピソードも好き。

  • 番外編その2
    小規模な話は、結局「よかったね」で終わっちゃう話だったりして、あまり感想を持ち得なかったりします。

    そこのところ、マンガだからなのかなぁ……と思ったり。
    9話の友情は考えさせられますけど。

    国と国が重なり合うのは何だろう、って思います。
    7話のストーリーもなかなか。
    これは番外だから描ける話ですね。

  • 【あらすじ】
    『エマ』に登場してきたサブキャラクターたちを主人公に、19世紀イギリスの風俗・文化を描き上げていく「番外篇」シリーズ。第9巻ではエマの新主人メルダース一家のメンバーを中心に、6つのエピソードを短篇~中篇、読み切り形式で描いた重量級の番外編シリーズ!

    【感想】

  • 9

  • (2017-03-22L)

  • 番外編2冊目。

    ドロテアとヴィルヘルム夫婦の仲睦まじいお話が素敵でした。
    後半のセリフがなく、見つめ合ってたり手を絡めてるシーンが好きです。

    歌手の話も面白かったですが、番外編というか同時代の短編というだけで、全然繋がりがないし…

  • テオ、一夜の野生体験。
    テオが心配で心配で息するの忘れた。
    そしてショタ×アニマルからのヒゲとボインからの
    チビウィリアムvsチビハキムのテニス対決。
    小さくてもハキム様はハキム様、仁王立ちで「ボールが来い」な感じが最高ですw
    今回もモリモリ盛りだくさんで幸せ。

  • 髭。

  • 番外編にも程がある番外編。最後の歌手の話が良かったです

  • エマはどこに行ったw

全71件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

* 同名著者複数

1.漫画家
森薫(もり かおる)
1978年東京都出身の漫画家、同人作家。代表作に2005年第9回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、テレビアニメ化された『エマ』、マンガ大賞2014では大賞を受賞した『乙嫁語り』。

2.カウンセラー
森薫(もり かおる)
1950年佐賀県に生まれる。中央大学卒業後、2007年まで東京都内の中学校において、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持ち、熱心な生徒指導で保護者からも信頼を集める。2007年にはkTC総合教育研究所所長となる。元屋久島おおぞら高校副校長。2012年、一般社団法人家族支援メンタルサポート協会を設立、理事長に就任。
現在は学びリンク総研所長・家族支援メンタルサポート協会理事長。専門分野は、家族カウンセリング・非行問題・子育て支援・発達障害・不登校問題等多岐にわたり、年間百回以上の講演を行うなど、全国を駆け回っている。

エマ 9巻 (BEAM COMIX)のその他の作品

エマ 9巻 (HARTA COMIX) Kindle版 エマ 9巻 (HARTA COMIX) 森薫

森薫の作品

エマ 9巻 (BEAM COMIX)を本棚に登録しているひと

ツイートする