黒の騎士と赤の淑女 -神の眠る国の物語- (B’s‐LOG文庫)

著者 : 剛しいら
制作 : 佐倉 汐 
  • エンターブレイン (2007年10月15日発売)
3.38
  • (4)
  • (3)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • 46人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757738089

作品紹介

不思議な力と知恵を持つウラル子爵が率いるゴシュラムの騎士団。その中でひときわ異彩を放つレディ騎士・ジョージアは、並み居る男性より武術に優れ、時にラウルに進言するほどの知性があり、さらには眩いばかりの美貌の持ち主。ところが、周りの男性からの求愛もはねつけ、パーティの場でも男装をつらぬくその生き方には、ある過去が秘められていた-!!誰もを虜にするレディ騎士はどうして生まれたのか?そして気になる恋の行方は-!?神の眠る国を舞台にしたある騎士の物語。

黒の騎士と赤の淑女 -神の眠る国の物語- (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 設定は素敵で、それでも母親の思惑がリアルで、その後の対応とか、ジョージアってば男前だなぁ・・・と。

  • タイトルとイラストから番外編だと思いましたが、その通り。
    ゴシュラムの騎士団でラウル子爵の仲間となっているレディ騎士のジョージアのお話でした。

    一番キャラが立っているジョージアでしたけど、なぜ騎士として生きているのかっていう、今の彼女がうまれた理由もあって、なんか彼女だけで一つのお話になりそうかなぁって思いました。

    ジョージアの苦労を見ると、シーナって恵まれていたんだなあって思います。一応本編にも続く感じにはなってますけど、これを読むとシーナよりジョージアの方が好きになるなぁって思いました。

  • 2007年11月21日 図

  • ちょっと感動しました。強い女性好き。

全4件中 1 - 4件を表示

黒の騎士と赤の淑女 -神の眠る国の物語- (B’s‐LOG文庫)のその他の作品

剛しいらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黒の騎士と赤の淑女 -神の眠る国の物語- (B’s‐LOG文庫)に関連する談話室の質問

黒の騎士と赤の淑女 -神の眠る国の物語- (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ツイートする