学校の階段8 (ファミ通文庫)

著者 :
  • エンターブレイン
3.68
  • (7)
  • (5)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757740778

作品紹介・あらすじ

次期生徒会長に当選した幸宏は、引継ぎ前にもかかわらずヤル気絶頂期に突入。そして階段部も山上桔梗院との再試合が具体化し、対山上の練習に力を入れていた。波佐間との対戦に闘志を燃やす幸宏-と、そこに予想外の協力者が!?なんと敵である水戸野が協力を申し出てきたのだ。波佐間に必ず勝ってくれと言う彼女に戸惑う幸宏だったが…。今度の階段レースは、はじめてのアウェー戦。ビバ青春の無駄足。話題沸騰の青春グラフィティ第8弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そりゃないぜお父さん。
    久しぶりに部長さんが活躍している気がします。
    でも多分、部長さんの正念場はこれからやってくるのでしょう。

  • 9784757740778 282p 2008・4・10 初版

  • “「……どうして」
    どうしてだろう。どこかに隙があったのか?先日の水戸野との一件以来、気をつけるようにしていたのに。勘の良い水戸野ならともかく、槙島にまで見透かされそうになるなんて。
    「どうして、放っておいてくれないんだ」
    踏み込んできてもらいたくはない。ここからは全て自分ひとりで決める。そんな線引きをしているというのに、自分の周りの人間はやたらと土足でその中に踏み込んでくる。邪魔で邪魔でしょうがない。
    「…………くそっ」”

    波佐間勝一の問題。

    天ヶ崎と水戸野のやり取りが面白い。
    三島は幸宏が好きなの?
    にしても幸宏は鈍すぎる。

    “「あら、文字通りの引っ張りだこね」
    そこへ御神楽までやってくる。幸宏の様子を見てちょっと思案げな顔になり、
    「やっぱりこういうことは、男性から誘うのが礼儀じゃないかしら?」
    とんでもない提案をしてくれた。希春と三島がハッとした顔になり、幸宏を凝視する。背後からも凄まじい気配を感じるので、おそらく美冬もこちらを見つめているのだろう。幸宏は額に嫌な汗を感じた。
    「さあ、誰を選ぶのかしら?」
    近づいてきた御神楽は、楽しそうに微笑んでいる。そっと自然に右手を差し出してきた。まるで、その手を取るのが当たり前だと言わんばかりの仕草である。右からは希春の噛みつきそうな目。左からは三島の訴えかける瞳。背後からは美冬の殺気めいた気配。四方を完全に包囲され、幸宏は窮地に立たされた気分だった。
    ……ええと、一体誰を選べば。
    全身が熱くなる。思考がグチャグチャになってきた。周りでは大まかな組み合わせが出来上がりつつある。時間はあまりない。決めなければ。
    「僕はっ――」”

全3件中 1 - 3件を表示

櫂末高彰の作品

ツイートする