群青学舎 三巻 (BEAM COMIX)

著者 :
  • エンターブレイン
4.30
  • (329)
  • (129)
  • (147)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 1401
レビュー : 88
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757741799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『薄明』
    後編での万里雄の独白が受け止めきれず、読み終えてからしばらく先に進むことが出来ませんでした。
    四巻の最後に各話のその後が少し載っていて、そこでの青子の発言を読んで無理に折り合いをつけなくても笑えるし、先に進むこともできるんだと
    いうことを思い出しました。

    短編で<生死>をテーマに扱い、軽く浅い作品にならないのは入江さんの表現力のおかげだなと
    思います。

    短編集なので、他にもお話が収録されてますよ!

  • 群青学舎の中でも特に好きな作品が「薄明」。コマ割り、表現力、画力、それだけでも感動する。ストーリーは山場やオチの抑揚はあまりない雰囲気重視の漫画。漫画とは起承転結、そしてメッセージをはっきりとするべきたという人も多いと思うが、私はこういう具体的に台詞や行動で示さないけれど、世界観や雰囲気から読者が各々好きなように感じ、意味を考える漫画も素晴らしいと思う。

  • 「薄明」は全巻通していちばん儚くて美しい話だと思う。「赤い屋根の家」も好きだなあ。はい、すべてが好きなんです!

  • 『続々 ピンク・チョコレート』まさかの更に続編!
    進展してんのか後退してるのかわからないノリ。

    『雪降り積もる』は昨日までの大雪とも重なってタイムリーな話。
    気心許せる友達と毎年のお約束。
    いいなぁと思う。

  • 全4巻読了。展開が読める話も多いがそれを補う絵の力が凄い。「赤い屋根の家」親娘系絆、「続々ピンク・チョコレート」研究者系恋愛、「薄明(前後編)」美男薄明系恋心、「メリー・ガーデン」歳の差夫婦系日常、「待宵姫は籠の中(前中後編)」山賊親分系ロマンス、「雪降り積もる」同級生女子系恒例行事。

  • 22〜23話の『薄明』がとにかく好きで、とにかく好きなので読んで下さい。

  • 入江さんの描く女の子は本当に可愛いくて美しい、特にこの巻の待宵姫。ジルとパパの話の2人がかわいい。『薄明』の冒頭、青子ちゃんの泣きながら歩いていくシーン、苦しくて強さがあって切なくて最高。

  • 2巻 コードレス黒電話

  • どの話を読んでもキャラクターがきらきらしている。悲しい結末の話でも読後感はなんだか前向きな気持ちにさせてくれるなあ。

  • 「薄明(前後篇)」が切なくて 美かった。死にゆく者でしか語る事の出来ない生きている者へ の言葉が詰まってる。青子ちゃんとマリオ君せつねえ。
    「待宵姫は籠の中」の姫が初めて大地 を踏みしめて自分の足元から繋がる風景に静かに感動してるとこ凄く良かったです。
    「雪降り積もる」 の空気感大好き。私もこんな仲間欲しいです。

  • お話ってこういう事なんだよなぁって読んでて思う。

  • 赤い屋根の家 が、私の好みをピンポイントでついてくれている。
    なんて素敵な!歳の差、家柄の差。
    その後が知りたい……。
    待宵姫は籠の中 は、名作だと思う。
    絵がとても綺麗。姫様もとてもきれい。
    畑や景色も、とってもきれ。

  • 「赤い屋根の家」「続々ピンク・チョコレート」「薄明」「メリー・ガーデン」「待宵姫は籠の中」「雪降り積もる」

  • 良作!

    「続々・ピンクチョコレート」が可愛かった。
    結局のところ、どこの馬の骨ともわからなものには渡したくない辺りが!
    「薄明」もとても良かった。読んでいて、手が掴まれた辺りで電車内だけど泣くかと思った。うそ、ちょっと泣いた。
    「メリー・ガーデン」もほわほわんとしているだけじゃなくて、地にちゃんと足がついて話。
    「待宵姫」は設定とかだいぶ違うけど、フジリューの「ハーメルン」といい、私はこういう話が好きなんだなぁと再認識させられました(笑)。

  • 待宵姫は籠の中と雪降り積もるが好き。
    雪降り積もるは個性って素敵よねって思う。

  • 全4巻。
    全巻好きですが、
    そのうちいちばん好きだなー、と思うのが3巻です。
    「薄明」「メリー・ガーデン」「雪降り積もる」が特に良いなあ、
    と、読んででグッときたりほのぼのしたりするのです。

  • 万里雄の想いと、青子の涙が痛いほど伝わってきました。
    苦しいなぁ。

  • このところ入江ラッシュである。各話の設定が国内外・実在非実在全て描いている、しかしどの設定にも無理がない。細かく設定されている。またその各話がいろんな気持ちにしてくれるがどれも通して「入江作品」として捉えられる。たまらない、に尽きるのですが。

  • まりお・・・(;_;)

  • ピンクチョコレートの続編と、メリー・ガーデンがお気に入り。正統派ファンタジーって感じの話もあるのだが、どこか盛り上がりに欠ける。だけど、ほのぼのして良い感じなんだよなぁ。

  • お互いのことが大好きなのに素直になれない父娘と間に挟まれた青年の一計を描いた「赤い屋根の家」、些細なことから喧嘩してついに「別れる」宣言しちゃったあの二人の物語「続々ピンク・チョコレート」、輿入れの道中に盗賊にさらわれたことをきっかけに意志を持ったお姫様の物語「待宵姫は籠の中」など今回も魅力的な物語いっぱいな第3巻。

    今回もやっぱり面白かったー!
    「赤い屋根の家」は素直になれない父娘の関係も素敵ながら、その間に挟まれた青年が不憫なんだか面白いんだか…(笑)恋愛抜きでも面白い話!
    今回は春日くん目線で進んだ「続々ピンク・チョコレート」、いきなり「別れる」宣言でヒヤリとしましたが、最後ちゃんと元サヤに戻って良かったわ~(笑) 実に春日くんと三也子さんらしい喧嘩だった(笑)
    そして「待宵姫は籠の中」は、設定だけ見るとどこかでありそうだけど、でも作者独自のオリジナリティがあって、とっても新鮮な物語でした。ちょっとずつ待宵姫が打ち解けていくのがいいね! マミジロもちゃんと待ってくれてるのもいいね!

  • 匂い立つような、景色や情景の断片、慟哭や歓喜の塊。
    大事に味わいたい掌編の数々。

    どこかの批評サイトで、入江さんがマイナーな作家だ、メジャーにはなれない。メジャーに変身できるかどうかがこれからのポイント、というようなコメントを読んだけど。メジャーマイナーの言葉の使い方が下品だと思った。創作においてメジャーであることはこれっぽっちも褒め言葉にならないと思う。

    メジャーであることは、普遍性を出すことであって、それは個性や突出を削り取ってエンタメとして作品を完成させることに近いと思う。
    それはもちろんビジネスとして成立するための柱だし、完璧なエンターテイメントは大好きだけど。
    この人の持つ、1枚の絵で泣きたくなるような匂いや情景は、そういうものとは遠いところにあるからこそ表現できるものなのかもしれない。
    そういった広い世界の作品を、端から端までを味わえる私たちの幸福を踏みにじるような言葉じゃない!?と一人腹立たしく思ったという。

    まあ、というか既に十分売れている作家さんなのですけど。

  • 2010.07.03

  • 大好き

  • シリーズ読了済。「薄明」が一番好きだった。

  • しあわせ3冊目。

  • 22話23話 薄明
    麻里雄の好奇心と死生観に非常に共感をした。

  • またさらに都さんが美人に…!
    どの作品も女の子がみんな生き生きしてて眩しい。素敵すぎる。

  • おもしろかった。永久保存します。

全88件中 1 - 30件を表示

入江亜季の作品

群青学舎 三巻 (BEAM COMIX)を本棚に登録しているひと

ツイートする