群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)

著者 :
  • エンターブレイン
4.42
  • (331)
  • (124)
  • (92)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1406
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・マンガ (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757746947

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついに4巻で完結してしまった…!!!わーん(;_;)
    最近めっきり漫画を読まなくなった私ですが、
    唯一「面白い!!」と欠かさず買い続けていた漫画です。
    これ好きな人とは絶対に友達になれる気がする(笑)

    なにより絵が好みです。線がすごく好き。
    話の構成が神。幅ありすぎです。ツボを心得ています。
    短編好き・昔の少女漫画好きにはもう〜たまりません。
    オムニバス形式っていうのも、独特のテンポがあってよかった。
    CDアルバムの順番や選曲みたいに意味があって、
    一冊としての完成度が毎回高かったです。
    読み返す度に味が出る!

    【好みがバレバレな私的ベスト3】

    1 北の十剣
    2 待宵姫は籠の中
    3 白い火


    女の子は一番「とりこの姫」のマリオンがかわいい。

    あー終わっちゃったのか〜
    何を楽しみに生きればいいのか…
    とりあえずは、
    今は長編連載中らしいのでそれがまとまるのを待ちます。

  • 素敵な作品だった。終わってしまうのが少し淋しい。afterstoryのように「今までの作品の登場人物のその後」的な作品は大好き(スラダンの最後も好き)
    どの短編ももれなく大事。

  • 群青学舎の最終巻。
    after storyにこれまで出てきた物語の人が出てきて、「あーこんな人もいたな」って思って最初(一巻)から読み直した。
    やっぱり面白かった。

  • 凄い勢いではまりました。
    行間を読むのが好きな人はストライク。
    表情で察して。

    もっと続いて欲しかった。

  • 「本日はお日柄もよく」と書き下ろしマンガが素晴らしすぎる。ああ、ほんと買ってよかった!

  • 『スパイ・アンド・スパイ』タイトルにニヤリ。
    読んでもう一回ニヤリ。
    ファミコンをテレビに繋ぎたくなった。

    『ピンク・チョコレート』ついに完結した。
    一緒に居られる2人っていうのは、タイプが違ってそうでいて、どこか似た者同士。

  • 全4巻読了。手元に置いておきたくなる装丁。完結させずに不定期に続けたら良いのにと思うけど…ラス巻。「橋の向こう側(前後編)」宿屋の息子系一夜の夢、「七色ピクニック」「七色ファミリア」「七色トゥモロー」魅惑美人ママ系息子の成長、「スパイ・アンド・スパイ」スパイ系コメディ、「続々々ピンク・チョコレート」「完ピンク・チョコレート」唯一無二系カップル、「老楡」真面目×不真面目=友情、「本日はお日柄も良く」不良生徒と恩師。

  • 七色ピクニック素敵だなあ。子供たちがまだねむくないって言った時にアースラがかけた言葉がいい。私もそんな風に言えてればなー、って思った。そしてここでライダーの眼鏡外した顔が見れるとは!

  • 「七色シリーズ」の綺麗なお母さんと三人の可愛い息子たちの成長が凄く好き。
    入江先生の家族物語好き!! 
    「after story」では今までの登場人物のその後がぎっしり書いてあってほっこりした!
    また小番さんに会えて嬉しかったです!

  • ただただ夢ばかり見てられなくなった大人の童話集
    ちょっと魔法だったり、アダルトだったり、王子様だったり、けどどれもちょっと見たくないなって擦れてる部分もあってそんな大人の童話集。

    「森へ」はもう簡単にいえばおばあちゃんが森を歩いてるだけだけど、その森の書き込みも凄まじく、ただ森を綺麗なものとだけじゃなく森羅万象、畏怖の対象としても書いていて、一言も言葉はないけど読み応えがあった。




    入江亜季の漫画は目がチカチカするようにキラキラ、それに目が慣れると登場人物の可愛らしさだったりが際立って魅力的に見える。

    写真家、お母さん、男三兄弟の門出の話が一番好き。

全91件中 1 - 10件を表示

入江亜季の作品

群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)を本棚に登録しているひと

ツイートする