ヲタクに恋は難しい (1)

著者 :
  • 一迅社
4.14
  • (212)
  • (169)
  • (83)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 2128
レビュー : 151
  • Amazon.co.jp ・マンガ (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758008464

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヲタ恋は今一番面白い恋愛マンガかも知れない。いよいよアニメ化も迫って非常に楽しみな今日この頃。このマンガも色々な語り口で褒め称えられますが、私が何よりこれが素晴らしいと思うのは、昨今の少女マンガの多くよりも恋愛マンガとしてちゃんとしているのがあると思います。私は少女マンガやアニメをそれこそ下手をすると幼稚園の頃から読んでいるのですが、少女マンガは恋愛をちゃんと描く作品の系譜も大切な本筋の一つと思っています。なので個人的に男でも読める少女マンガみたいな言葉は嫌いです。恋愛中心の少女マンガらしい少女マンガも好きな男ならいくらでも読めますので変に男とかで括られるのは勘弁して頂きたい。ヲタ恋1巻は本屋でたまたま運命的な出会いをした1冊なのでそう言う意味でも思い出深いです。とにかくオススメです。

  • 久々に、どハマりしたマンガ。
    会話のテンポが良くて面白い(といっても、会話の内容は時々意味がわからない)。
    不器用さがたまらなく可愛くて、きゅんきゅんした。

    主人公カップル(ゲーヲタ&隠れ腐女子ヲタ)はひたすら可愛いし、宏嵩は中身は全然違うけれど、リヴァイ兵長の弱点をなくしたような感じのビジュアルなのが、たまらなくタイプで好み。
    主人公カップルと同じくらい、先輩カップルのキャラが良い。
    樺倉の見た目、行動共にドSっぽいのに実は優しかったり、威勢のいい花子が時々弱音を吐いているところが可愛らしい。
    早く続きが読みたい!

  • 隠れ腐女子のOL・成海と、ルックス良し有能だが重度のゲーヲタである宏嵩とのヲタク同士の不器用な恋愛を描いたラブコメディ。多数の書き下ろしを加えて待望の書籍化。

    とりあえずタイトルは普通に裏切っている。
    お互いに結構なオタク同士ではあるものの、良き友人良き恋人として普通に見守れる恋愛マンガ。恋が難しい…って描写はほとんどない。十分リア充でした。
    でもそれは置いておいても普通に面白かった。
    ところどころ、元ネタがわかるとクスリとくる描写があったり、オタク方面に傾いていれば知っていそうなネタが混ぜてあったり。
    リアルにこんな良き理解者いれば楽しいだろうなぁ。現実にはまず難しそうだが。
    成海と宏嵩カップルと、その同僚である樺倉と小柳カップルがそれぞれに良い味出してて好き。コミケの話とお泊まりの話が愉快だった。

  • とても好みだった!
    どっちの組み合わせも可愛い。
    フェアに対するアンフェアアタック強いな(笑)
    2巻が楽しみすぎる。

  • ときめくー!
    2人、いや4人の今後に期待大です。ヲタク同士の居心地の良さと、それゆえの気恥ずかしさから織り成される不器用な恋。キュンキュンしました。

  • 黒髪(前髪長め)、眼鏡、高身長、仕事できる、表情が読めない(顔に出ない)が笑うとヤバい‼︎
    何っ⁉︎何なの⁉︎
    このハイスペックわっ‼︎‼︎
    宏嵩みたいな人がいたら恋に落ちないワケがないっ‼︎
    成海ちゃん羨ましすぎるぞ(⁰︻⁰)‼︎
    花ちゃん×先輩カップルもステキー♡
    02巻も楽しみー(๑>◡<๑)

  • めっちゃ面白い!期待を裏切らない展開www
    これはアニメ化しますよね!

  • アニメ化もしましたが、ギャグっぽい日常漫画で面白かった

  • もはや一般ぴーぽーにも難しい

  • めっちゃおもしろい!!!

ヲタクに恋は難しい (1)のその他の作品

ふじたの作品

ツイートする