The Grimoire of Marisa(グリモワール オブ マリサ) (DNAメディアブックス)

著者 :
  • 一迅社
3.96
  • (43)
  • (38)
  • (39)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 464
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758011525

作品紹介・あらすじ

魔理沙による弾幕研究の集大成!!『"東方"公式スペルカード撰集』。ZUN新曲、壁紙を収録したCD‐ROMつき。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/01/01読了

  • あとがきからの引用となりますが、
     ”偶に眺めたりして心の糧となる”
    本です。
    決して資料集や攻略本ではありません。

    東方Projectの世界観や雰囲気を垣間見ることの出来る本だと感じました。
    弾幕(ゲーム)のスクリーンショットと共に綴られる、
    作中キャラクターの霧雨魔理沙独自の説明文が楽しいです。

    飽くまでもファンブックとしての本ですので、
    もともと東方Projectを知らないという方には厳しいかも。

  • プレイしてない人にはさすがに厳しい

  • 弾幕の解説が面白い!

  • 東方の作中に登場する弾幕だけを取り扱ったマニアックな本。攻略本要素は一切なし!弾幕の美しさに痺れるタイプの人には、裏設定も知ることができて大満足の一冊です。が、早苗さんのイラストがないことに憤りを隠せない

  • 東方紅~地のスペルカードを抜粋し、込められた意味を魔理沙経由で面白おかしく語っている本。
    攻略要素は全くなし。かといって資料集というわけでもありません。
    神主の色の出た、東方らしい一冊になっています。

    東方の弾幕は動いていてこそで、多分静止画だけでは面白さが伝わりません。
    一通りゲーム本編を進めている方が、頭の中で弾幕を再生するきっかけにするのに丁度良いでしょう。

  • 弾幕綺麗だー。挿絵もかわいい。

  • 魔理沙厨は読むべし。

  • 弾幕解説本。

  • 弾幕本。さまざまな弾幕が載ってます。

全24件中 1 - 10件を表示

ZUNの作品

The Grimoire of Marisa(グリモワール オブ マリサ) (DNAメディアブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする