行進子犬に恋文を(5) (百合姫コミックス)

著者 :
  • 一迅社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784758021623

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 加賀美藤乃が犬童母に、犬童忍に対して抱いていた感情、加賀美母が犬童母に、犬童忍に対して抱いていた感情。犬童母はあまりに罪作りな人だ。加賀美母娘だけでなく、忍をも嫉妬させる。もっと私のことだけ見てくださいと加賀美に告げた時、複雑に、歪に、絡み合った想いは忍が全てを解き放つ。加賀美邸を後にした2人は最早、加賀美藤乃と犬童忍という一個の人としての関係しか持ち合わせていなかった。「待ちくたびれましたよ」と忍は眠い目をこすりながら再び2人は出会う。そのことは「いただいた恋文で存じて」おりますと。

    ともあれ、タイトルも見事回収の上、大団円なのであるが、正直もっと読みたい作品であった。書店で1巻を直感で手に取った時から、私にとって大好きな作品となりました。あとは忍が母の跡だけは追わないように、ただそれだけを願うばかりである。玉崎先生、素敵な作品をありがとうございました。次作も期待してお待ちしております。

    これは、私からの最大級の賛辞です。中々これ程まで思い入れのある作品には出会えないものだ。設定上、万人にはお勧め出来ない作品ではありますが、嫌でなければ是非お手に取っていただければと。

    1巻を読み返せばわかることだが、1話の「入学おめでとう、歓迎する」という加賀美のセリフは、最後の1ページ「お待ちしておりました。歓迎致します」にかかっている。そして、おそらくは全編回想シーンである。

全1件中 1 - 1件を表示

玉崎たまの作品

ツイートする
×