妹の友達が何考えてるのかわからない (2)

著者 :
  • 一迅社
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758023313

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  妹の友達=つゆちゃんを中心に描かれた、実質つゆちゃん可愛い漫画の2巻は主に夏の海が舞台。
     海での物語と、夏の夜の天体観測を中心に一巻が構成されている。

     この二巻では、つゆ&ちえの同級生友人が冒頭から登場している。
     背表紙にも登場している日焼け系スポーティ少女・風早たきと地雷系風デザインのツインテ少女・笠雲とこは、おそらくはこれからレギュラーメンバーとなるのだろう。
     夏の海にも、この4人+兄貴とオマケの姉貴分・月下いつきで遊びに出かけている。
     描き下ろしも、この4人が水着を買いに行く物語(という体での水着姿披露回)であり、やはり4人が中心的に描かれている印象である。

     それ自体は悪いことではないが、少し気になるのが、主軸が「つゆ可愛い!」により過ぎている点だ。
     特に妹・ちえの視点によるそうしたカットが目立つ。
     それもまたこの作品の魅力なのだと思うし、実際魅力的に、かなり力を入れてつゆの可愛さが描かれているのだ。
     ただ、あくまでこの作品は「妹の友達が何考えてるのかわからない」であり、本筋は兄貴視点であるはず。
     そこが少し引っ掛かりを覚えないでもない。

     というわけで、そこを気にしつつ、星評価としては四つ半としている。

     改めて述べておくと、普通につゆちゃんは可愛い。
     ワンカットで描かれているような、天女姿つゆちゃんやメイド服姿つゆちゃんの力の入れ方などは、本当に素晴らしいの一言である。
     意外にオシャレさんな姿なども(天体観測時とか)、女性作者さんらしいなと好感を持っている。

     ただそれとは別に、作品としては違和感があった点だけ指摘した形である。
     彼女の恋愛模様は少しずつ前進しているのだし、本筋自体は良いのだけど。作品構造的な視点での評価だと付言しておきたい。

全1件中 1 - 1件を表示

玲。の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×