悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 1巻 (ZERO-SUMコミックス)

  • 一迅社
4.55
  • (19)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 282
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758035545

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なろう分は最新話まで既読済。さてさて、ジルベールの胡散臭さにフフッて笑っております。いやぁ、彼もなぁ、うんうん。とにかく先が楽しみ。騎士団長も素敵ですね。彼の息子も年を取るとああなるんでしょうね。あと、黒髪の彼、いましたね。めっちゃヤバイ人(笑)目つきも悪くて、ここから先の容姿の変化が楽しみです。他にも隊長2人に副隊長の数年前の姿もあって( *´艸`)ムフフ 個人的には褐色肌の彼がお気に入りなんですけど。

  • Kindle Unlimitedに加入しているので、相当な数の漫画を1巻だけや、3巻まで読んでいるのですが、今年、出会った中で最高の漫画です。

    主人公は、自分がクリアしたことのある乙女ゲーのラスボス女王に転生します。ここまでは最近では珍しくなくなった悪役令嬢転生モノのテンプレなのですが、原作の自分の影に恐れながらも立ち向かい、よい女王を目指すという点が少し目新しいのではないかと思います。

    上記だけだとそこまで高評価にならない漫画なのですが、兎に角、コミカライズがすごいです。

    絵が綺麗というのはもちろんなのですが、登場人物の感情が手に取るようにわかる表情の書き分けや、思考が理解しやすいコマの差し込みなど、漫画全体のレベルが上がった現在でも、なかなか見かけないクオリティの漫画です。

    比較的台詞の多い漫画なのですが、上記のような工夫も効いてか、読ませられます。すごく。いいです。

  • 一つの物事に対して様々な登場人物の視点から書かれててそれぞれの機微を捉えやすいし、原作読んでもよく出来た話だと思うけど、みんな主人公に心酔しきってるのは宗教ちっくでちょっと怖い
    好きだけど、泣かせよう感動させよう感が後半強いので星4

  • ゲーム界への転生ものではあるけれど、最強最悪なラスボス女王がラスボス回避ストーリー。
    でもそう思っていても実際に実行できるのは、彼女が自分で考えて行動し、言葉にしているから。
    良い人になろうではなくて最悪を回避していく彼女の言葉と行動は本当に心に響きました。お気に入りの一冊です。

  • めちゃくちゃに面白い。

  • 絵柄がめちゃくちゃ好み。

  • 待っていたコミカライズ!プライドのラスボスチートっぷりがここから加速していく。本来のルートから改変されていくのが、すごく好き。書き下ろしSSの三人の仲良しっぷりにほわほわ。ティアラのおすすめの本を持ち帰るステイルの可愛さ。塔に閉じ込められたお姫様、いろいろと含むところがあるなぁ。

  • 悪役令嬢転生モノ。
    ストーリーはタイトルの通り。
    展開も王道ではあるけれど、脇役の心情までもがとても丁寧に描かれている。
    主人公が前世の記憶を取り戻さなかった場合の悲劇の展開までも描かれていて死角なし。
    原作では第一部だけで693話。
    コミカライズもとても魅力的なので、この悪役令嬢ブームが落ち着いたとしてもぜひ続けて欲しい。

全8件中 1 - 8件を表示

松浦ぶんこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×